地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

コレステロール、リスクの低い高齢者の治療は有害かもしれない

最近の事後解析から ランダム化比較試験(Han, 2017年) *1 やはり治療群で総死亡が多かった 少し間をあけてしまいましたが、脂質異常症のつづきです。 前の記事は、ここあたりから読んでいただくとよいかもしれません。 www.bycomet.tokyo 最近の事後解析か…

音楽と医療のあいだ

音楽と医療の対話 音楽は耳で聴く? 多様性と調和 音楽と医療の境界はあいまい 音楽と医療の対話 ぼくがずっと考えてきたテーマ「医療✕音楽」を正面から取り扱った本。偶然、書店の特設コーナーで見つけました。 ちょっと興奮しています。書店のセレクション…

広告とは?― 改正医療法による医療広告ガイドラインから

改正医療法が施行予定 医療広告ガイドライン (仮称)が公開 広告規制の趣旨 広告の2要件 何人も規制される 学術論文や新聞記事は対象外 限定解除の要件 情報提供というよりは、単にぼくの情報整理と備忘録です。以前の記事 医療法一部改正―広告規制の見直…

医療の怖さは目に見えない

ベイズの定理でインフルエンザの診断を考える - 地域医療日誌 のつづきです。 流行状況は主観? メタ分析では感度62% メタ分析(Chartrand, 2012年) *1 感度54%というメタ分析も メタ分析(Merckx, 2017年) *2 ここまでのおさらいです。 診断は確率である…

ベイズの定理でインフルエンザの診断を考える

ひたすら繰り返すインフルエンザの説明 お粗末な診断スタイル 診断は確率 ベイズの定理でインフルエンザを考える 検査の感度・特異度 鉄は熱いうちに打て、とは言い得て妙です。熱量が高いうちに書いた記事のほうが、少し時間をおいて冷静になった記事よりも…

塩分制限で心臓病予防はできますか?

2011年の記事 塩分制限で心血管疾患死亡は減るのか? - 地域医療日誌 by COMET の更新記事です。 2011年時点では予防効果なし メタ分析(Adler, 2014年) *1 高血圧患者では心血管死亡が33%少ない傾向 厨房での塩分制限でやっと差が出た 2011年時点では予防…

がんとともに生きるAYA世代

AYA世代のがん対策 音楽療法士めざして猛練習 朝日新聞に「がんとともに AYA世代」という連載がはじまっています。 AYAとは Adolescent and Young Adult の略で、15歳から40歳未満の思春期・若年成人の世代のことを指します。 AYA世代のがん対策 以前、AYA世…

地域医療というコトバの曖昧さに意味があったのだ

そんなに悩むことはなかった 地域医療の専門性を定義することのリスク 拠り所がほしい あれから9年、新制度が始まってしまった 専門性を規定することで失う専門性 独自の道を歩みたい 地域医療とは総合診療のことではない これは地域医療そのものだ そんな…

街の自転車屋と家庭医は似ている?

なぜか自転車修理の話から 医療に例えると同じこと 家庭医はコンビニではない ブログふりかえり なぜか自転車修理の話から ちょっと前の話です。ある日、自転車のタイヤの空気が急に抜けたため、自転車を購入した販売店へ持って行きました。おそらくタイヤの…

ぜんそくのステロイド吸入は毎日やらなくてもよいですか?

質問 ぜんそくのステロイド吸入を悪くなった時だけやってもよいでしょうか? 研究費をクラウドファンディングで ぜんそく発作は同等? ランダム化比較試験(Zeiger, 2011年) *3 研究費をクラウドファンディングで 最近、メディアでこのような報道がありまし…

2017年、どの記事が一番読まれましたか?

2017年アクセスランキング 第10位~第6位 第5位~第1位 2017年アクセスランキング 久しぶりのブログ記事ランキング。一年をふりかえってみることは大事ですよね。 2017年に最もクリックしていただいた記事を、順にご紹介します。 第10位~第6位 第10位 …

音楽には力なんてなくていい

坂本龍一さんの大人エレベーター 音楽のチカラという圧力 お正月、恒例の箱根駅伝のテレビ中継をみながらのんびり過ごしていたところ、新年早々、CMで目が醒めるような体験をしました。忘れないうちに、ここに書いておこうと思います。 尚、本記事はアルコー…

膵がんの検査はしたほうがよいですか?

質問 膵がんの検査はしたほうがよいですか? 最新の検査をすればわかるという誤解 膵がん検診はすべきではない ガイドライン(U.S. Preventive Services Task Force, 2005年) *1 どんな人が検査すべきか レビュー(UpToDate, 2017年) *2 家族性膵がんとは …

心臓病をとるかがんをとるか、という究極の選択

正月を跨ぐように、コレステロールの記事はさらにつづきます。 なぜここまで拘ってかき立てるのか、今回のシリーズを読んでいただいている方はすでにお気づきかと思いますが、もう少しお付き合いください。 もうひとつの二次情報源から レビュー(DynaMed, 2…

恒例の特集で「EBMの実践」を考える

今年も同じ特集が 同じことは日々の業務の敵か 今年も同じ特集が 今年も南山堂から雑誌「薬局」の特集「Evidence Update 2018」が発刊されています。 薬局 2018年 1月号 特集 「Evidence Update 2018 ― 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する ―」 […

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル