地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

がんにも音楽は効きますか?

医療と癒し 音楽のチカラ

 音楽のチカラ シリーズ、さらにつづけます。 

  • メタ分析(Bradt, 2016年) *1
  • 不安や痛みに対しては効果あり

f:id:cometlog:20170202104703j:plain

 

 今回はがん患者に対する効果について。

 最近のコクランがありましたので、ご紹介します。

メタ分析(Bradt, 2016年) *1

研究の概要

 がん患者が、音楽療法や「薬としての音楽」介入(music medicine interventions)とともに標準治療をうけると、標準治療のみまたは標準治療と他の治療やプラセボに比べて、心理的効果(抑うつ、不安、怒り、失望、無力感)や身体的症状(倦怠感、嘔気、痛み)は改善するか、を検討したランダム化比較試験のメタ分析。

 

*1:Bradt J, Dileo C, Magill L, Teague A. Music interventions for improving psychological and physical outcomes in cancer patients. Cochrane Database Syst Rev. 2016 Aug 15;(8):CD006911. doi: 10.1002/14651858.CD006911.pub3. Review. PubMed PMID: 27524661.

続きを読む

音楽は終末期の痛みにも効きますか?

医療と癒し 音楽のチカラ

 音楽のチカラ シリーズ、まだつづきます。

  • これまでわかっていること
    • システマティックレビュー(McConnell, 2016年) *1
  • 終末期の痛みは少ない

f:id:cometlog:20170201024056j:plain

 

これまでわかっていること

 今回は終末期の音楽療法についてです。

 論文の紹介の前に、これまでわかっていることのまとめです。(論文から引用)

  • QOLを改善し、よい死を支援できるかどうかは、身体的痛みと精神的痛みの両者を適切に対処できるかにかかっている。
  • 音楽療法は身体的・感情的・スピリチュアルなニーズを対処するために、緩和ケア・終末ケアの場面で10年以上前からよく活用されるようになってきた。
  • 緩和ケア領域での音楽療法のエビデンスは弱い。

 

続きを読む

喘息には家でパルスオキシメーターを使うべきですか?

3. 診断や治療についての疑問

質問

 喘息と診断されたのですが、家でパルスオキシメーターを使ったほうがよいですか?

  • システマティックレビュー(Welsh, 2015年) *1
  • 該当研究なし

 

 自宅での喘息の管理にパルスオキシメーターが使えないか、と考える人が(医療従事者を含めて)いるようです。

 パルスオキシメーターとは、指にはさんで酸素飽和度を測定する、最近ではおなじみとなってきた簡単な医療機器です。

 酸素飽和度をみて、重症度を判断したり、治療や受診の参考にしたいということでしょう。

 

 簡単な検査なのだからやれるならやったら、という意見もあるかもしれません。しかし、いかなる検査であっても、その診断的意義(検査特性や効果、さらには費用対効果など)を検討する必要があります。

 パルスオキシメーターについては検討されているでしょうか? 調べてみました。

続きを読む

音楽でよく眠れるようになりますか?

医療と癒し 音楽のチカラ

 音楽のチカラ シリーズ、さらにつづきます。

f:id:cometlog:20170117180528j:plain

 

 今回は睡眠障害に対する効果についてです。

 音楽を聞くことは眠り薬として広く使われているようですが、その効果ははっきりしていなかったようです。

 音楽があると眠れない、という人もいるかもしれません。

 そこで、メタ分析で検討されています。

メタ分析(Jespersen, 2015年) *1

研究の概要

 不眠と診断された成人が音楽を聞くと、音楽なしまたは通常の治療に比べて睡眠の質、潜時、睡眠時間などが改善するのか、を検討したランダム化比較試験または準ランダム化比較試験のメタ分析。

 

主な結果

 6のランダム化比較試験(314人)が採用。音楽の介入は25-60分間の記録された音源を毎日、3日から5週間の効果を検討している。

 睡眠の質をPittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)*2 で検討した5研究(264人)によると、治療なしまたは通常ケアに比べて音楽介入群ではPSQIの平均差が-2.8(95%信頼区間 -3.42, -2.17)と改善がみられた。

 有害事象がみられた研究はなかった。

 

音楽は効果がありそう

 睡眠の質については、21点満点のスコアで2.8点の差がついています。かなりいい結果ではないでしょうか。

 睡眠時間などについては、複数の研究がなくメタ分析がなされていませんでした。

 それほど害のある治療ではないでしょうから、ぜひとも不眠の人は試したい方法でしょう。

 

つづく

音楽のチカラ カテゴリーの記事一覧 - 地域医療日誌

*1:Jespersen KV, Koenig J, Jennum P, Vuust P. Music for insomnia in adults. Cochrane Database Syst Rev. 2015 Aug 13;(8):CD010459. doi: 10.1002/14651858.CD010459.pub2. Review. PubMed PMID: 26270746.

*2:0-21、0が良好な睡眠、21が重度な睡眠障害。正常と異常のカットオフ>5

読者との距離感を意識する(アンダーライン)

5. 外からの脅威に関すること 4. 医療の負の側面に関すること 日誌

f:id:cometlog:20170101074835j:plain

WELQの一件から

 医療情報に関するブログやウェブマガジンなどを運営しているぼくにとって、昨年のあの一件の報道はちょっとした事件でした。

 そのことについてはブログに書いていますので、こちらをご覧ください。

www.bycomet.tokyo

 この記事は、DeNAのキュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」に対してメディアが一斉に批判した姿勢について、自らのメディアのあり方はどうなのか? 同類ではないのか? と異議を唱えた主旨となっております。(その主旨がうまく伝わっている自信がありませんが。)  

 

 朝日新聞の「天声人語」から端を発した記事でしたが、最後はこのように結びました。  

 注目されればよい、宣伝になればいい、どんなものでも売れさえすればいい。もうそんな時代はこりごりです。
 情報も量より質を追求する時代が、もうすぐ到来するはずです。
 医療情報には、とりわけ高い信頼性が求められます。だからこそ、ぼくらの役割があると確信しています。

あの事件からメディアの姿勢を考える - 地域医療日誌

 

 医療情報を適切に出していこう、と決心したところでしたが・・・。

 

またも朝日に

 このブログ記事を公開したあとで、図らずもまたあの朝日新聞に「まとめサイト、広告ありき-履歴を重宝、好み分析」という見出しの記事 *1 が掲載されました。

 このなかで、ネット投稿を監視する専門家からのコメントが掲載されていました。

「病気について医師に聞けば対価は当然。情報がタダなら理由があると考え、参考に留めるのも大事」
(イー・ガーディアン(東京)の佐伯朋嗣取締役)

 

 まあそうですよね、一理あります。

 医療機関を受診して相談すると、診療報酬が発生しています。つまり、情報は有料で提供されることになります。

 ネットに氾濫している情報はタダで得られますが、それなりの理由があるはずだから信用すべきではない、といった論調でしょう。

 

タダより安いものはない?

 タダなら信用すべきではない、というのはひとつの目安にはなるでしょう。しかし、必ずしもその基準だけでは情報の信頼性を判断することはできません。

 タダでも有益な情報はありますし、有料だから信頼できる、ということでもないでしょう。

 

 少なくとも、ぼくのブログの情報はタダで提供してきました。そのほうが情報を広く、たくさんの人に伝えることができると考えているからです。

 

 しかし、タダで提供されている医療情報には価値がない、信用できない、と一部の人には見られている可能性があることを理解しました。もちろん、それには全然納得がいきませんが。

 さらに、情報は有料という考え方には、どこか組織的な論理の臭いがします。診療報酬は医療の取り決めのひとつですが、医療情報は有料とすることで何かが守られているわけです。(言いたいことはありますが、今回はこれ以上深入りしません。)

 

 それはともかく、それが時代の趨勢であるとするなら、情報の信頼性を高めるためにぼくのブログでも課金記事の試験導入をやってみようかと考えてみました。

 

タッチポイントをふやすなら距離感を考える

 そこでまず考えるのは、記事の差別化です。これまで、noteを利用したブロガーの事例を目の当たりにしてきました。

 同じものをいくつも作ったところで、量が多くなるだけ。そんなことに何の意味があるのが、疑問でした。

 

 そんなときに、ときどき著書やブログ、ツイッターをのぞいている鳥井弘文さんのブログ記事がたいへん参考になりましたので、ご紹介しておきます。

inkyodanshi21.com

有料課金モデルで高めるべきはコンテンツの「クオリティ」ではなく、「距離感」であるということです。

有料課金ユーザーにクオリティの高いものを届けたいは、作り手側のエゴ。

 

 読者や利用者との距離感ですね、なるほど。音楽アーティストのたとえがわかりやすかったです。 

 たしかに情報の質をどうにかしようと思っても、自ずと限界があるでしょう。距離感を変えるというところに、コツがありそうです。

 

inkyodanshi21.com

 

 情報の階層を意識する、ということは何となく考えていたのですが、よくまとめられており、すっきりしました。

Twitter・Instagram・Facebookなど各種SNSアカウント

ブログ・ウェブメディアの一般記事、他媒体のインタビュー記事

無料メルマガ

Podcast配信

電子書籍

有料メルマガ・note有料マガジン

有料オンラインサロン

各種リアルイベント

 もちろん上記で書いたもの以外にも、タッチポイントを増やす方法は色々とあると思うのですが、各階層(レベル)を意識しつつ、各階層ごとに多くても1つに絞るべきなのかなと。

 

 ぼくのブログ関連サービスでは、ツイッター・facebookとブログがあるだけで、メルマガもなく、偏っていたことがわかります。

 

 ぼくが運営している「地域医療ジャーナル」(このウェブマガジン自体は有料オンラインサロンということになるでしょう)では、ツイッター・facebook、ブログは記者のみなさんの本拠地ブログがあり、有料メルマガは登録会員には送られています。

 したがって、今後展開するとしたらPodcast配信、電子書籍、リアルイベントという方向になるでしょう。将来構想計画としてはまあ妥当だったのだろうということがわかります。

 

 他のサービスについても考えてみると、新たな発見があるかもしれません。

 

 はてなブログではメルマガや課金のしくみがありません。そこで、以前使ったことがあるnoteを、いよいよ本格稼働させてみたいと思います。

note.mu

 こちらもあわせて、よろしくお願いします。

 

*1:朝日新聞 2016年12月31日

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル