地域医療日誌

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

研究費をもらうといい結果が出やすいというのは本当ですか?

  • 理想と現実
    • 横断研究(Ahn, 2017年) *1
  • 経済的支援があると3.6倍いい結果が出やすい
  • 読者としてどうするか?

f:id:cometlog:20170210220536j:plain

 

理想と現実

 臨床研究とは特定の企業の利益を目的としたものではなく、あくまでも公平に行われているものと信じたいです。しかし、現実はそうではなかったようです。

 過去のランダム化比較試験を検証した、ひとつの論文が現実を物語っています。

続きを読む

喘息の吸入はチャンバーでもいいですか?

質問

 病院で子供がネブライザーを嫌がってうまくできないのですが・・・。

  • ネブライザー vs チャンバー
    • メタ分析(Cates, 2013年) *1
  • 小児はチャンバーのほうがいい

f:id:cometlog:20170208114922j:plain

(画像提供:写真AC

 

ネブライザー vs チャンバー

 急性喘息でERを受診した場合などでは、短時間作用型β刺激薬(SABA)をネブライザー(吸入器)で吸入してもらうことがほとんどでしょう。

 ところが、こうした場合にでも、加圧噴霧式定量吸入器(MDI)による吸入を行うための補助器具(チャンバーやスペーサー)を使ったら効果はあるのか、という研究があるようです。

続きを読む

役割があると思うからつらくなる

 告知記事です。

  • 届きにくい世界とそのかすかな声
    • 医療者の盲点
    • 役割をいったん捨ててみる
  • EBM実践はじめの一歩 

 

届きにくい世界とそのかすかな声

 地域医療ジャーナル 2017年03月号 vol.3(3) を配信しました。月刊ウェブマガジンですが、毎号充実した連載記事が掲載されています。ぜひともご覧ください。(閲覧には読者登録が必要です。)

cmj.publishers.fm

続きを読む

がんにも音楽は効きますか?

 音楽のチカラ シリーズ、さらにつづけます。 

  • メタ分析(Bradt, 2016年) *1
  • 不安や痛みに対しては効果あり

f:id:cometlog:20170202104703j:plain

 

 今回はがん患者に対する効果について。

 最近のコクランがありましたので、ご紹介します。

メタ分析(Bradt, 2016年) *1

研究の概要

 がん患者が、音楽療法や「薬としての音楽」介入(music medicine interventions)とともに標準治療をうけると、標準治療のみまたは標準治療と他の治療やプラセボに比べて、心理的効果(抑うつ、不安、怒り、失望、無力感)や身体的症状(倦怠感、嘔気、痛み)は改善するか、を検討したランダム化比較試験のメタ分析。

 

*1:Bradt J, Dileo C, Magill L, Teague A. Music interventions for improving psychological and physical outcomes in cancer patients. Cochrane Database Syst Rev. 2016 Aug 15;(8):CD006911. doi: 10.1002/14651858.CD006911.pub3. Review. PubMed PMID: 27524661.

続きを読む

音楽は終末期の痛みにも効きますか?

 音楽のチカラ シリーズ、まだつづきます。

  • これまでわかっていること
    • システマティックレビュー(McConnell, 2016年) *1
  • 終末期の痛みは少ない

f:id:cometlog:20170201024056j:plain

 

これまでわかっていること

 今回は終末期の音楽療法についてです。

 論文の紹介の前に、これまでわかっていることのまとめです。(論文から引用)

  • QOLを改善し、よい死を支援できるかどうかは、身体的痛みと精神的痛みの両者を適切に対処できるかにかかっている。
  • 音楽療法は身体的・感情的・スピリチュアルなニーズを対処するために、緩和ケア・終末ケアの場面で10年以上前からよく活用されるようになってきた。
  • 緩和ケア領域での音楽療法のエビデンスは弱い。

 

続きを読む
 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル