地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

3. 診断や治療についての疑問

認知症は高齢者の15%?

認知症は3秒に1人が発症 認知症高齢者は462万人 認知症は15%もいるのか? 過去の疫学調査では4-11% 厚労省の横断調査結果から 厳格に評価すれば認知症は多くなる 認知症は3秒に1人が発症 9月21日は「世界アルツハイマーデー」でした。認知症に関する…

人工呼吸器はALSの生存期間をのばしますか?

ALSの治療について メタ分析(Radunovic, 2013年) *1 非侵襲的換気療法で48日長い ALSの治療について 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療について、これまでいくつか記事を書いてきました。 ALSにラジカットはどうですか? - 地域医療日誌 ALSにメジコン? - …

メトトレキサートに葉酸補充は必要?

胃腸症状が少ない メタ分析(Shea, 2013年) *1 葉酸の投与方法は 関節リウマチなどに処方されるリウマトレックス(メトトレキサート)にあわせて、葉酸が処方されることがあります。 副作用軽減のため、とのことですが、どの程度の効果があるのでしょうか。…

温泉はリウマチにいいんですよね?

質問 古くから温泉は体にいい、と言われますが、本当ですよね? 温泉療法の効果 メタ分析(Verhagen, 2015年) *1 信頼できる研究がない 温泉療法は入浴とは限らない 昔から行われてきたことに科学的根拠がなかったことが次々明らかになっています。だんだん…

認知症のうつや不安には音楽を

ごちゃまぜバイアス 音楽でうつや不安は軽減する メタ分析(van der Steen, 2017年) *2 音楽の治療的介入とは ごちゃまぜバイアス 認知症に対する音楽療法の効果については、以前ご紹介しました。 www.bycomet.tokyo この記事で紹介したメタ分析のほかにも…

高齢者の薬をどのように中止するか、ガイドラインに

高齢者の高血圧ガイドライン 介護施設入所者や終末期 減薬の基準 ポリファーマシー 高齢者の高血圧ガイドライン 日本老年医学会から、高齢者の高血圧診療ガイドラインが公開されています。 こちらからpdfを閲覧できます。 「高齢者高血圧診療ガイドライン201…

磁気治療も効果がないのですか?

質問 腰痛に超音波治療は効果がないんですね。 最近、磁気の治療器具を買ったのですが、これは効果ありますよね? メタ分析(Pittler, 2007年) *1 磁気治療はプラセボと同じ いまだ健康器具として販売されているらしい、磁気の治療器具。その効果はあまりな…

腰痛に超音波治療は効果なし

質問 腰痛には超音波治療が効きますか? 腰痛の理学療法 メタ分析(Ebadi, 2014年) *1 ほとんど効果がなかった 腰痛の理学療法 腰痛に対する理学療法はしばしば行われているようですが、そのひとつに超音波治療があります。 理学療法とは病気、けが、高齢、…

PPIで総死亡がふえる?

コホート研究(Xie, 2017年) *1 PPIで総死亡が25%多い PPI投与期間が長いと総死亡多い 原因はまだわかっていない 逆流性食道炎や消化性潰瘍でよく使われている、プロトンポンプ阻害薬(PPI)に関するネガティブデータが徐々に出てきています。 最近、BMJ Op…

アルカリイオン水はがんに効きますか?

質問 アルカリイオン水でがんが治りますか? アルカリイオン水のサイトは全滅 たったひとつの論文 システマティックレビュー(2016年, Fenton) *1 該当論文なし アルカリイオン水のサイトは全滅 がんの代替療法、巷ではよく話題になっているテーマでしょう…

上腕骨外側上顆炎に外用薬は?

質問 テニス肘なんですけど、湿布でいいですか? 外側肘痛に鎮痛剤 メタ分析(2013年, Pattanittum) *1 質の低い研究しかなかった 肘の痛みがつづく女性。典型的なテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の所見でした。 別にテニスをするわけでもない、と診断名を聞…

じんま疹の原因は何ですか?

質問 じんま疹の原因は何ですか? 全体の12-22%の人が経験 30-50%は原因不明 じんま疹以外の病気 ヒスタミン中毒 全体の12-22%の人が経験 一生のうちで、何らかのじんま疹に見舞われる人は12-22%といわれます。案外、経験している人は多いものです。突然、あ…

せん妄の治療には抗精神病薬がよいですか?

質問 せん妄には抗精神病薬がよいですか? やはりリスパダール、セレネース? ランダム化比較試験(Agar, 2017年) *1 リスパダール、終末期患者ではプラセボに敗北 さらに有害事象も心配 せん妄に対する治療について、最近気になる研究がいくつか発表されて…

反論も科学的に

いわゆる「医療否定本」について 反論は感情論ばかり 解熱薬で症状は長引く いわゆる「医療否定本」について ちょうど記事を書いたばかりのタイムリーな話題だったので、書いておきたいと思います。端緒となったのはBLOGOSのこちらの記事。 「医療否定本も抗…

かぜは寝て待て

質問 かぜで医療機関を早めに受診したほうがよいですか? かぜをひいても何もする必要はありません こんなときには医療機関の受診を エビデンスは? まずはやってみよう かぜをひくと早めに市販薬を準備したり、医療機関を受診したりする人がたくさんいます…

抗うつ薬で眠れるようになりますか?

不眠にデジレルは有効? ガイドライン(Sateina, 2017年) *1 ランダム化比較試験(Walsh, 1998年) 睡眠障害には効果なし 不眠にデジレルは有効? 睡眠障害のある人にデジレル(一般名 trazodone)が処方されていました。 デジレルは抗うつ薬ですが、鎮静効…

あわてて在宅酸素を導入する必要はない

ただ酸素を与えればいいのか? につづきます。 COPDではどうか? ランダム化比較試験(Albert, 2016年) *1 やはり差が出なかった! COPDではどうか? 急性心筋梗塞でさえ酸素の効果は微妙なところだということがわかりました。 慢性疾患ではなおさら、その…

かぜに抗菌薬が処方されなくなっている?

特定の抗菌薬使用量を2020年までに半減 抗菌薬はすでに現場では使われてない? 他の調査では40-60%、過半数が第3世代セフェム かぜに対して抗菌薬の効果があまり期待できないことは、このブログの読者のみなさまはすでにご存知かと思います。 今回はそのエ…

ただ酸素を与えればいいのか?

質問 SpO2が下がっているので、酸素が必要ですよね? すぐ準備します! 本当によく聞かれます 急性心筋梗塞の場合 メタ分析(Cabello, 2013年) *1 メタ分析(Cabello, 2016年) *2 酸素でも空気でも同じ結果だった 本当によく聞かれます よく聞かれる質問で…

睡眠薬のスボレキサントの効果

睡眠薬で血糖値が下がる? - 地域医療日誌 睡眠薬で血糖値が下がる?|ブロガーズオフィス|note につづきます。 「地域医療」検索 スボレキサント 地域医療 薬剤師の地域医療日誌 地域医療の見え方 pharmacist's record スボレキサント(suvorexant、商品名…

積極的治療か緩和ケアか?

終末期の迷い メタ分析(Reljic, 2017年) *1 がん終末期患者の予後 どちらを選択するのか 終末期の迷い どこまでも治療をつづけたほうがよいのか、それとも緩和ケアに舵を切ったほうがよいのか、それとも・・・。終末期が近づいてくると、本人そして家族に…

睡眠薬で血糖値が下がる?

NHK謝罪文からわかること - 地域医療日誌 のつづき記事です。 そもそもが代用のアウトカム ⇒ つづきはnoteへ PubMedでは該当研究なし オレキシン受容体拮抗薬と糖尿病 ベルソムラと糖尿病 NHKは何を根拠に報道したのか? 大阪市立大学の臨床研究? 未発表デ…

喘息の吸入はチャンバーでもいいですか?

質問 病院で子供がネブライザーを嫌がってうまくできないのですが・・・。 ネブライザー vs チャンバー メタ分析(Cates, 2013年) *1 小児はチャンバーのほうがいい (画像提供:写真AC) ネブライザー vs チャンバー 急性喘息でERを受診した場合などでは、…

喘息には家でパルスオキシメーターを使うべきですか?

質問 喘息と診断されたのですが、家でパルスオキシメーターを使ったほうがよいですか? システマティックレビュー(Welsh, 2015年) *1 該当研究なし 自宅での喘息の管理にパルスオキシメーターが使えないか、と考える人が(医療従事者を含めて)いるようで…

音楽で手術前の不安をやわらげられますか?

薬としての音楽 メタ分析(Bradt, 2013年) *4 手術前の不安は少なくなるかもしれない 薬としての音楽 医療と癒しについて、少し調べていきたいと思います。 音楽の癒し効果については、医学論文でよく取り上げられることがあります。ざっと調べてみました。…

インフルエンザの研究をふりかえって

2009年 2013年 2015年 2014-2015年 2016年 備忘録です。タミフルについての過去のブログ記事をまとめておきます。 ぼくの古い記事を読むと、我ながら何を言いたいんだかよくわからない、ということもあります。お恥ずかしい限りですが、まずは並べてみます。…

抗インフルエンザ薬はどんな人に推奨されますか?

備忘録です。CDCのガイドライン *1から。 抗インフルエンザ薬の推奨されるインフルエンザ合併症ハイリスク群は以下のとおりです。 2歳未満の小児 65歳以上の成人 慢性肺疾患(喘息を含む)、心血管疾患(高血圧のみを除く)、腎疾患、肝疾患、血液疾患(鎌状…

後頭神経痛にビタミンB12注射?

出典のない情報は信用しないこと 検索してみると DynaMed *3 UpToDate *4 PubMed (Clinical Queries *6 ) 見つからず、断念 出典のない情報は信用しないこと 後頭神経痛に対してビタミンB12の注射が有効、というネット情報が広がっています。 検索上位のサイ…

リルテックはALSの生存期間をのばす

以前の記事 ALSにメジコン? - 地域医療日誌 につづきます。 リルテックはどうですか? メタ分析(Miller, 2012年) *1 生存率1年で9%の差 リルテックはどうですか? 筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する治療について、もう少し確認しておきましょう。ALS…

ALSにメジコン?

質問 筋萎縮性側索硬化症(ALS)にメジコン(一般名デキスロトメトルファン)は効果があると聞いたのですが、本当ですか? ALSの情動調節障害に 情動調節障害とは ランダム化比較試験(Brooks, 2004年) *1 ランダム化比較試験(Pioro, 2010年) *3 DMqは効…

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル