地域医療日誌

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

6. 寿命と死に関すること

高齢者の睡眠時間は7時間前後が長生き

睡眠時間と総死亡の関係 メタ分析(da Silva, 2016年) *1 長くても短くてもダメ 睡眠時間と総死亡の関係 最近、なぜか睡眠関連の記事が多くなっていますが、今回も睡眠について。それも睡眠時間と真のアウトカムである総死亡や心血管死亡との関係について検…

積極的治療か緩和ケアか?

終末期の迷い メタ分析(Reljic, 2017年) *1 がん終末期患者の予後 どちらを選択するのか 終末期の迷い どこまでも治療をつづけたほうがよいのか、それとも緩和ケアに舵を切ったほうがよいのか、それとも・・・。終末期が近づいてくると、本人そして家族に…

少しぽっちゃりでもいいですか? BMIは20-25が理想的

これで体重論争に決着がついたのか? メタ分析(Global BMI Mortality Collaboration, 2016) *1 BMIは20-25が総死亡少ない これで体重論争に決着がついたのか? どのくらいの体重が適正なのか、これまでいくつもの研究が発表されてきました。 当ブログでも…

自宅で最期を迎えるには

在宅医療はどうなのか? メタ分析(Shepperd, 2016年) *1 自宅ケアを受けると自宅で最後を迎えやすい 在宅医療はどうなのか? 久しぶりに在宅医療のエビデンスを確認してみました。以前紹介したのは2008年のこちらの記事でした。 www.bycomet.com 在宅緩和…

終末期にセデーションは有効ですか?

システマティックレビュー(Beller, 2015年) *2 どのように死を迎えるか、ということは、とても重要な問題です。 治癒が期待できる病気では、どのような治療を選択するかが重要であることは言うまでもありませんが、終末期であっても、どのような治療(主に…

日本の生命表から

今年も平成25年の簡易生命表の概況が厚生労働省から発表されています *1 。 昨年も同様の記事 *2 を書いておりますが、この時期、毎年恒例の記事となりつつあります。 2つの生命表 厚生労働省が発表する日本の生命表には2種類あります。完全生命表と簡易生…

訃報

俳優のロビン・ウィリアムスさんが亡くなられました。 たいへん印象深い映画に数多く出演されていましたが、医療のあり方に大きな影響を与えた作品もあります。 パッチ・アダムス [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/05/09 メデ…

65歳以上が関東では436万人増加

30年後の医療を空想する 推計人口から考える 65歳以上の人口比から医学部数を考える 30年後の医療を空想する 最近話題になっている、大学医学部新設の動き。震災復興の「戦略」もあるのか、東北に設置を検討しているようです。 個人的には新設されてもされな…

日本人の寿命はのびていますか?

平成24年 簡易生命表の概況が厚生労働省より発表されました。ウェブサイトはこちらです。 厚生労働省 - 平成24年簡易生命表の概況 日本人の平均寿命 ここに主な年齢の平均余命が示されています。平均寿命(=0歳の平均余命)もここにあります。 平成 24 年簡…

肥満は本当に危険なのか?

これまでの論文 BMI<35までは死亡率高くなかった 肥満は本当に危険なのか? これまでの論文 肥満は医学的に危険といえるのか?この疑問に答える論文が、これまで多数発表されています。 以前、ブログ記事でもいくつか紹介していました。 BMI 25.1-27.5が死亡…

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル