癒し手としての医者

医者は今でも癒し手か? 本当に恥ずかしい話なのですが、(というか、たまにこういうことを経験するのですが、)原著を買って手にしたものの、いつか読むだろうと「積んどく」した本。 数年たって、今度は日本語訳が出版されてしまいました。 ということで、迷った挙句に翻訳本も購入。またも、手にする時間がなく「積んど…