地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

いよいよぼくらの出番だ

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20171225093637j:plain

 

 読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます。 

 旧年中は、たくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございます。

 本年もまたご愛顧いただきますよう、心よりお願い申し上げます。

 

10年つづけたが発信力はまだまだ

 ブログをつづけて10年。週2回・年間100編の定期配信も定着しました。

 地域医療ジャーナルをはじめ、関連サービス展開も順調です。ブログの外への展開も打ち出すことができました。

 一歩一歩前へ進んでいますが、簡単には届きません。

 これからは、さらに発信力を高めるため、ブログの充実をはかっていきたいと思います。1000以上ある過去記事の更新は懸案事項のひとつでしたが、リライトに本格的に取り組んでいきたいと考えています。

 まずは、これまでどんな記事を書いてきたのか、総括をしないと。もう自分でも把握できないくらいになっています。

 

情報の信憑性を高める

 医療情報の信頼性の危機に瀕している時代。医療情報を扱うメディアの姿勢には、強い憤りを覚えます。

 ここはこだわりをもって、ずっと取り組んできたことです。いよいよぼくらの出番でしょう。

 うまく伝えられるか、ここが鍵です。

 医療情報の信憑性や説得力を高めることに対しても、これからますます力を入れていきたいと思います。

 

 医療や社会へ一石を投じることのできるメディアを目指し、挑戦していきたいと思います。

 まずは、読者登録をお願いします。

 

 

 ウェブマガジンも運営しています。こちらもぜひ、読者登録をお願いします。

 

診察室で一番いい仕事を

 でも、本当はここではなく、診察室で一番いい仕事をしたいのです。臨床医ですから、あたりまえですよね。

 ここでの活動が日々の診療に何らかの形で役立てることができれば、という思いやっています。本分をわきまえながら、つづけていきたいと思います。

 

 2018年、はじまります。今年一年、どうぞよろしくお願いします。

 

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル