地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

BMI 20-27.5までは許容したい

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20170627015249j:plain

 

3千万人の調査から

 身長と体重から算出する指標 Body Mass Index (BMI)と総死亡の関係については、これまでもいくつか取り上げてきました。

肥満は本当に危険なのか? - 地域医療日誌

少しぽっちゃりでもいいですか? BMIは20-25が理想的 - 地域医療日誌

 

 今回はさらに対象者が多いシステマティックレビューとなっています。

システマティックレビュー(Aune, 2016年) *1

研究の概要

 BMIが高い人(喫煙状況による層別)は総死亡が多くなるのか、を検討した、コホート研究のシステマティックレビュー+メタ分析。

 

主な結果

 230のコホート研究の結果を統合。すべての喫煙状況を含めた228研究(30,233,329人)の結果は以下のとおり。

 BMI 総死亡の相対危険(95%信頼区間)
  15  2.24 (2.15, 2.34)
  16  1.83 (1.77, 1.91)
  17.5  1.47 (1.43, 1.51)
  20  1.15 (1.13, 1.17)
  22  1.03 (1.02, 1.04)
  23   1
  24  0.98 (0.97, 0.99)
  25  0.97 (0.96, 0.98)
  27.5  0.98 (0.96, 1.01)
  30  1.04 (1.00, 1.08)
  32.5  1.14 (1.09, 1.20)
  35  1.29 (1.21, 1.37)
  37.5  1.49 (1.37, 1.61)
  40  1.74 (1.59, 1.91)
  42.5  2.07 (1.86, 2.30)
  45  2.49 (2.22, 2.81)

 

 BMIが5ユニット増加するごとの総死亡の相対危険は
  非喫煙者    1.18(1.15, 1.21)
  健康な非喫煙者 1.21(1.21, 1.25)
  健康な非喫煙者 *2 1.27(1.21, 1.33)
  全て      1.05(1.04, 1.07)

 

総死亡が少ないのはBMI 24-27.5

 この結果からは、全体ではBMI 24-27.5において総死亡が最も少ない、という結論になりそうです。

 また、非喫煙者ではBMI 23-24、健康な非喫煙者では22-23、非喫煙者(20年以上追跡した研究に限定)では20-22、となっています。

 

結論はほぼ決定的か

 ここ数年のコホート研究やそのメタ分析から、ちょうどよいBMIは 20-27.5 の間にあることは間違いないですが、22ではなく、それよりもやや25寄りのあたりにありそうだ、ということになるでしょうか。

 Jカーブ型(あるいは「し」のカーブ型)になっていますので、総死亡が少なくなる「谷間」には幅が比較的ありそうです。

 

 ある程度の幅をもったとしても、BMI 20-27.5のあたりまでは許容したい、といったところがぼくの個人的感想です。

 

 みなさんのご意見やBMIは、いかがでしょうか?

 

*1:Aune D, Sen A, Prasad M, Norat T, Janszky I, Tonstad S, Romundstad P, Vatten LJ. BMI and all cause mortality: systematic review and non-linear dose-response meta-analysis of 230 cohort studies with 3.74 million deaths among 30.3 million participants. BMJ. 2016 May 4;353:i2156. doi: 10.1136/bmj.i2156. PubMed PMID: 27146380; PubMed Central PMCID: PMC4856854.

*2:6年以下の短期の追跡研究を除外

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル