地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

咳止めがADHDに効果あり?

スポンサーリンク

f:id:cometlog:20160717010215j:plain

 

咳止めに意外な効果?

 以前咳止めについて調べたときに、ひとつ興味深い研究がありましたので、ご紹介したいと思います。

 チペピジン(商品名アスベリン)は咳止めで、小児領域ではしばしば使われることのある薬です。これが、ADHD(Attention deficit/hyperactivity disorder、注意欠陥・多動性障害)に効果があるかもしれない、という日本人の報告です。

前後比較研究(Sasaki, 2014) *1

P▶ ADHDと診断された小児に
E▶ チペピジン 30mg/日を4週間投与すると
C▶ 投与前に比べて
O▶ the ADHD Rating Scale IV (ADHD-RS)日本語版および the Das–Naglieri Cognitive Assessment System (DN-CAS)日本語版のスコアは改善するか
T▶ 治療、前後比較研究

《結果》★☆☆
オープン試験。10人(平均年齢 9.9歳)にチペピジンを4週間投与。ADHD-RSトータルスコアは有意に改善(p<0.001)。
 投与前(平均±SD)30.2 ±9.9
 投与後<s(平均±SD)16.4 ±8.4
DN-CASトータルスコアは改善傾向も統計学的有意差なし(p=0.093)。
 投与前(平均±SD)81.8 ±20.0
 投与後(平均±SD)87.6 ±21.6

 

 前後比較ですから、効果が立証されたという内容ではありません。まだ効果がある可能性が示唆された、という段階であり、さらなる検討が待たれます。

 

 ところでなぜ咳止めがADHDに効果があるのか、という点が気になります。

  Tipepidine (3-[di-2-thienylmethylene]-1-methylpiperidine) has been used as a nonnarcotic antitussive in Japan since 1959. The safety of tipepidine in children and adults has already been established. Furthermore, suicide-related side effects have not been documented for tipepidine.

  It is reported that tipepidine inhibits G-protein-coupled inwardly rectifying potassium (GIRK)-channel currents. The activation of the GIRK channels causes membrane hyperpolarization through potassium efflux. The inhibition of GIRK channels by tipepidine is expected to modulate the level of monoamines in the brain, since GIRK channels are coupled with G-protein-coupled receptors, including 5-hydroxytryptamine (5-HT)1A, adrenaline α2 and dopamine D2 receptors.

 

 脳や心臓に広く分布しているとされるG蛋白質共役型内向き整流性Kイオン(GIRK)チャネル。神経細胞や心拍数を制御する働きがあるとされています。チペピジンはこのGIRKチャネルの活性化電流をおさえることで、脳内のモノアミンレベルを調整する効果が期待されます。

 ADHDモデルマウスの実験でも多動を抑制したと報告されています。

 

 咳止めに予想外の効果に期待が高まります。ランダム化比較試験を待ちたいと思います。

 

*1:Sasaki T, Hashimoto K, Tachibana M, Kurata T, Okawada K, Ishikawa M, Kimura H, Komatsu H, Ishikawa M, Hasegawa T, Shiina A, Hashimoto T, Kanahara N, Shiraishi T, Iyo M. Tipepidine in children with attention deficit/hyperactivity disorder: a 4-week, open-label, preliminary study. Neuropsychiatr Dis Treat. 2014 Jan 24;10:147-51. doi: 10.2147/NDT.S58480. eCollection 2014. PubMed PMID: 24493927; PubMed Central PMCID: PMC3908907.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル