地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

アルカリイオン水はがんに効きますか?

スポンサーリンク

質問

 アルカリイオン水でがんが治りますか?

f:id:cometlog:20170625221736j:plain

 

アルカリイオン水のサイトは全滅

 がんの代替療法、巷ではよく話題になっているテーマでしょう。検索するとたくさんの情報が出てきます。

 おそらく多くは商品の宣伝目的のもので、情報が正しくありません。

 

 医学的な見解を伝えたいと思います。

 アルカリイオン水については、2016年にシステマティックレビューがひとつ発表されています。この重要な医学論文を引用していない情報は、まずすべてあやしいです。

 

 しかし、残念なことに、この論文のタイトルで検索してみても、日本のウェブサイトは「ひとつも」ひっかかってきません。

 ちょっと信じられないのですが、ひとつもです。

 日本のアルカリイオン水についてのウェブサイトは全滅です。おそろしいことです。

 なぜ紹介しないのか、理由はすぐにわかります。

 

たったひとつの論文 

 PubMedで検索してみても、がんについて検討した研究はほかには見当たりません。この重要な医学論文を、日本で初めてここで紹介しておきましょう。

システマティックレビュー(2016年, Fenton) *1

研究の概要

 人が酸性食品やアルカリ水を摂取すると、がんの予後(発症や治療)が改善するかを検討した、治療に関するランダム化比較試験や観察研究のシステマティックレビュー。

 

主な結果

 8278の論文と252の抄録を検討したが、採用基準を満たした論文は1つのみ。

 この2005年のフィンランドの研究 *2 は、男性喫煙者にとって摂取食品調査による推定net acid excretion(NAE、総酸排泄)は膀胱がんの危険因子となるか、というコホート研究である。

 27,096人の男性について、NAE四分位のうちで総酸排泄の最も多い群では、最も少ない群に比べて、膀胱がんの相対危険 1.15(95%信頼区間 0.86, 1.55)とほぼ同等であった。

 

該当論文なし

 摂取した食品による調査で、推定酸排泄量と膀胱がんの関係をみたコホート研究がひとつあるだけでした。

 それも、推定酸排泄量は膀胱がんの危険因子にはならない、という結論です。

 

 該当する1つのコホート研究以外の論文の情報検索については、本文にこのように記載されています。

The literature search also located a systematic review that found no evidence for the alkaline diet and two narrative reviews discussing the acid–ash/alkaline diet and cancer. No relevant unpublished studies were found. The systematic review, published in 2014, reported finding four articles on the alkaline diet and cancer in a Google search but it did not report findings from these articles or their references. The two narrative reviews did not include any human studies of an association between diet acid/alkaline and cancer.

 

 システマティックレビューではアルカリダイエットに関する報告はないと記載。さらに、Google検索で報告されたアルカリダイエットとがんに関する4つの記事については、いずれも論文や参考文献の記載がなかった(つまり信憑性がない情報だった)とのことです。

 2つの総説論文では、ヒトの臨床研究の情報は含まれていなかった、とあります。

 

 つまり、アルカリについては該当する臨床研究はないということです。もちろん、アルカリイオン水についての臨床研究もまったく存在しません。

 さらに、ネット上の情報には信憑性がなかったことについてまで触れられていました。

 

 ここまでが現時点での医学的見解、ということになるでしょう。

 効果について検討すらされていない、ということです。こんなこと、業者はわざわざ説明しませんよね。宣伝には逆効果ですから。

 ネット情報にもリテラシーは必須です。

 

*1:Fenton TR, Huang T. Systematic review of the association between dietary acid load, alkaline water and cancer. BMJ Open. 2016 Jun 13;6(6):e010438. doi: 10.1136/bmjopen-2015-010438. PubMed PMID: 27297008; PubMed Central PMCID: PMC4916623.

*2:Wright ME, Michaud DS, Pietinen P, Taylor PR, Virtamo J, Albanes D. Estimated urine pH and bladder cancer risk in a cohort of male smokers (Finland). Cancer Causes Control. 2005 Nov;16(9):1117-23. PubMed PMID: 16184478.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル