地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

花粉症に効く食べ物はないですか?(3)

5. 外からの脅威に関すること
スポンサーリンク

 花粉症に効く食べ物はないですか?(2)つづき記事です。

トマトが花粉症に効く?

 

 さて、最後にトマトです。こちらはTwitterで教えていただきました。

 

 @syuichiao さん、いつも情報提供ありがとうございます。

 ということで、通年性のアレルギー性鼻炎についての小規模ランダム化比較試験という条件付きになりますが、見てみましょう。

ランダム化比較試験(Yoshimura M, 2007年)*1

  • P▶ 成人の通年性アレルギー性鼻炎患者に
  • E▶ ポリフェノール含有トマト抽出物の錠剤を投与すると
  • C▶ プラセボ錠剤に比べて
  • O▶ 自覚症状(鼻症状スコア)は少ないか
  • T▶ 治療、ランダム化比較試験

《結果》※※※ 

 対象:33人、トマト抽出物群17人、プラセボ16人

 8週間の投与で、トマト抽出群のくしゃみが少なかった。

f:id:cometlog:20140406221441p:plain

 

 結果は群間比較ではなく投与前からの比較となっており、トマト抽出物の効果を判断することができないデザインとなっています。また、脱落や追跡率の記載がありません。

 トマト抽出物群ではプラセボより症状が軽くなっている傾向があるようです。 グラフを見ると8週間目でなんとか有意差が出た、というようにも見えます。

 続報に期待、というところでしょうか。

 

トマト果皮ポリフェノール(ナリンゲニンカルコン) 

 

 この研究はキッコーマンの研究員が行なっていましたが、商品化などされているのでしょうか?

 キッコーマンホームページ*2 を覗いてみると、花粉症の研究成果についても公表されていました。一部引用させていただきます。

ポリフェノール トマト果皮ポリフェノール(ナリンゲニンカルコン)*3 

 

 日本デルモンテと共同でトマトに含まれる機能性成分の研究を行い、トマトの果皮に強い抗アレルギー活性があること、そして、その主要な有効成分がトマト特有のポリフェノール「ナリンゲニンカルコン」であることを突き止めました。

 

 アレルギー反応にはヒスタミンが強く関与していますが、ナリンゲニンカルコンはヒスタミンが遊離するのを抑えることによってアレルギー反応を抑制すると考えられています。

 

 ナリンゲニンカルコンは、ジュースやケチャップ等に使われている加工用トマトに多く含まれていますが、生食用トマトには通常ほとんど含まれていません。 

 

 残念ながら野菜のトマトを食べるだけでは、効果がなさそうですね。

 

 ここに花粉症に対して行われた臨床試験*4 の結果も掲載されています。

図1. 花粉症の自覚症状におけるトマト抽出物の効果(2002年)

スギ花粉症にかかったことのある男女11名に、花粉の飛散と同時にトマト抽出物を毎日360mgずつ1ヶ月間摂取させた。花粉の飛散がピークになった3月上旬には、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなど全ての項目で、明らかな改善効果が認められた。

 

 プラセボと比較していますが、ランダム化されているかどうか、論文が入手できておらず確認ができていません。通年性アレルギー性鼻炎だけではなく、花粉症にも効果がみられたと、ホームページにはあります。

 今後に期待したいと思います。

 

 ということで、まとめます。

花粉症に効く食べ物はないですか?

カシスは効果が証明されていない。

西洋フキは効果があるとするランダム化比較試験があるが、肝毒性の報告があり使用できない。

乳酸菌はシステマティック・レビューでQOL改善がわずかに認められている。

トマト抽出物は小規模ランダム化比較試験で症状改善の傾向が認められている。

現状では、花粉症に対して食べ物で劇的な効果を期待することはできない。

*1: Yoshimura M, Enomoto T, Dake Y, Okuno Y, Ikeda H, Cheng L, Obata A. An evaluation of the clinical efficacy of tomato extract for perennial allergic rhinitis. Allergol Int. 2007 Sep;56(3):225-30. Epub 2007 Jun 1. PubMed PMID:17519582.

*2:http://www.kikkoman.co.jp/index.html

*3:http://www.kikkoman.co.jp/corporate/life/research/about/polyphenol/tomato.html

*4:劉影ほか:トマト抽出物による花粉症の予防効果に関する基礎的臨床的研究,東方医学,19,33-48(2004) http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902242747931270

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル