地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

音楽で認知症がよくなりますか?

スポンサーリンク

 音楽のチカラ シリーズ、さらにつづきます。

f:id:cometlog:20170111010220j:plain

 

認知症に対する効果

 音楽の癒し効果について、さらにつづきます。

 今回は認知症に対する音楽療法の効果を検討した研究です。

メタ分析(Zhang, 2016年) *1

研究の概要

 高齢の認知症患者が何らかの音楽療法を受けると、音楽のケアなしに比べて破壊的行動が少なくなるかまたは認知機能が改善するか、を検討したあらゆる種類の比較研究のメタ分析。

 それぞれの研究は Physio-therapy Evidence Database (PEDro) scale score、Critical Appraisal Skills Program (CASP) scale score を用いて研究の質を独立して評価し、一定の基準以上の質のものを採用した。

 

主な結果

 34研究(1,757人)の結果を統合。そのうち16研究はランダム化比較試験、10研究は比較試験、8研究はランダム化比較試験のクロスオーバー試験。

 34研究の対象者の内訳は、7研究がアルツハイマー病、18研究が混合型認知症、9研究がその他の認知症。結果はすべての型の認知症を統合して検討。

 破壊的行動(26研究)については、標準化平均差は -0.42(95%信頼区間 -0.74, -0.11)と音楽療法群で少なかった。*2

 認知機能(14研究)については、標準化平均差は 0.20(95%信頼区間 -0.09, 0.49)とほぼ同等であった。 *3

 サブグループ解析では、認知症の型や介入方法、研究デザインなどで結果の差はみられなかった。 

 

音楽で認知機能は改善しなかった

 破壊的行動については音楽療法群で少ない傾向がみられています。しかし、認知機能が改善するまでには至らないようです。

 不安感を取り除いたり、落ち着いたりする効果はあるのでしょう。

 認知症に対しては、音楽の効果はそれほど大きくはなさそうです。

 害はあまりないでしょうから、認知症の周辺症状などに対して試す価値はあるのかもしれません。

 

さらにつづく

音楽のチカラ カテゴリーの記事一覧 - 地域医療日誌

*1:Zhang Y, Cai J, An L, Hui F, Ren T, Ma H, Zhao Q. Does music therapy enhance behavioral and cognitive function in elderly dementia patients? A systematic review and meta-analysis. Ageing Res Rev. 2016 Dec 23;35:1-11. doi: 10.1016/j.arr.2016.12.003. [Epub ahead of print] Review. PubMed PMID: 28025173.

*2:Although the overall sample and subgroups showed a significanteffect favors for music therapy, there was still substantial hetero-geneity (P = 0.00, I2= 90.4%). Little evidence of bias could befound in Begg’s test (P = 0.132) and Egger’s test (P = 0.183)

*3:There was large heterogeneity (P = 0.000, I2= 65.7%;Fig. 3). No evidence of bias could be found in Begg’s test (P = 0.843)and Egger’s test (P = 0.685).

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル