地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

骨粗鬆症の治療は半年に1回の注射でいいですか?

スポンサーリンク

質問

 骨粗鬆症の治療で半年に1回注射をしてもらっていますが、どの程度効果がありますか?(高齢女性)

 

 骨粗鬆症の治療というよりも、次の骨折の予防と言ったほうが正確かもしれません。高齢者については骨が弱くなっていくのはやむを得ないことでもありますので、どんな骨折をどのくらい少なくできるのか、が焦点となります。

 

前立腺がん患者の研究 

 デノスマブ(商品名プラリア皮下注)は破骨細胞の形成・機能・生存に重要な役割を果たす蛋白質、RANKリガンドを標的とするヒト型モノクローナル抗体です。

 6か月に1回の皮下注射でよいため、骨粗鬆症の治療(骨折予防)として使われるようになっています。

 

 その効果はどうでしょうか。調べてみました。

ランダム化比較試験(Smith, 2009年) *1

研究の概要

 前立腺がんと診断され、アンドロゲン抑制療法を行っている男性がデノスマブ60mg皮下注射を6か月ごとに受けると、プラセボに比べて24か月後の腰椎骨密度低下はおさえされるか、を検討した二重盲検ランダム化比較試験。

 

主な結果

  各群734人が対象。24か月の時点での骨密度変化量はデノスマブ群では5.6%増加に対してプラセボ群では1.0%減少とデノスマブ群で有意に改善がみられた。

 また1次アウトカムではないが、36か月の時点での新たな椎体骨折はデノスマブ群1.5%、プラセボ群3.9%、相対危険0.38(95%信頼区間0.19, 0.78)とデノスマブ群で62%少ない。

 

椎体骨折が62%少ない

 骨密度で効果を判定する、という目的で実施されたランダム化比較試験です。いわゆる「代用のアウトカム」研究です。

 確かに24か月後の骨密度は改善がみられていたのですが、さらに、36か月後の時点で検討すると椎体骨折は62%少なくなっていた、ということです。(24か月後の時点でも椎体骨折は同様の傾向となっています。)

 有害事象もとくに多くなっていません。なかなかいい結果のように思えます。

 

 しかし、これは前立腺がんで治療中の男性を対象とした研究です。

 基礎疾患のない人や女性でも同様の効果があるのでしょうか。さらに調べてみましょう。

 

つづく 

高齢女性でも半年に1回の注射でいいですか? - 地域医療日誌

*1:Smith MR, Egerdie B, Hernández Toriz N, Feldman R, Tammela TL, Saad F, Heracek J, Szwedowski M, Ke C, Kupic A, Leder BZ, Goessl C; Denosumab HALT Prostate Cancer Study Group. Denosumab in men receiving androgen-deprivation therapy for prostate cancer. N Engl J Med. 2009 Aug 20;361(8):745-55. doi: 10.1056/NEJMoa0809003. Epub 2009 Aug 11. PubMed PMID: 19671656; PubMed Central PMCID: PMC3038121.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル