地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

卵は死亡と関係があるのか?

2. 予防についての疑問
スポンサーリンク

毎日食べると総死亡が23%多い 

 2008年の過去記事の追跡記事です。過去記事はこちら。

www.bycomet.com

 20年間の追跡期間における、卵の摂取量と心筋梗塞、脳梗塞、総死亡を検討したコホート研究でした。週7個以上の卵を接種する群では、週1個未満の群に比べて総死亡の調整ハザード比は1.23(95%信頼区間1.11-1.36)と多くなっていました。糖尿病患者に限定すると、この傾向はより顕著にみられました。尚、心筋梗塞、脳梗塞には差がみられませんでした。

 その後、この結果をくつがえすような報告はあるでしょうか。卵の摂取量と総死亡の関係 *1 について、確認してみましょう。

 

新しい報告はあるのか? 

 最近の報告では、2013年のBMJ誌にメタ分析 *2 があります。しかし、残念ながら冠動脈疾患と脳梗塞は検討されていますが、総死亡は検討されていませんでした。

 2014年には糖尿病患者を対象としたシステマティックレビュー *3 があります。こちらでは総死亡の検討がありましたので、引用文献を確認してみましょう。

Egg consumption and CVD risk in diabetics

Six prospective cohort studies examined the relationship between egg consumption and CVD risk among diabetics, of which four studies found statistically significant increases in CVD risk and egg consumption, one study found “suggestive evidence” but no statistically significant increase, while another study did not find a statistically significant increase but referred to the small number of diabetics in the study. These studies are summarized in Table 1 and described below.

 

 6つの前向きコホート研究のうち4研究で、卵摂取量が多いと心血管疾患が有意に多いという結果になっています。

 総死亡についてはTable 1に記載がありました。表に記載されている前向きコホート研究(なぜか7研究になっています)のうち、総死亡を検討しているのは2研究のみでした。

 このうちのひとつは、以前とりあげた2008年のコホート研究でした。もうひとつのコホート研究も2006年のもので、新しいものではありませんでした。ここで一応、確認しておきましょう。

コホート研究(Trichopoulou, 2006年)*4

P▶ 糖尿病患者において
E▶ 食事や運動は
C▶
O▶ 総死亡の予後因子となるか
T▶ 予後、コホート研究

《結果》※※

 1013人の糖尿病患者(診断からの平均期間8.8年)について、平均4.5年、4579人年の観察期間。

 食事の検討項目のうちで、有意差がみられたのは卵と飽和脂肪酸のみ。

卵の摂取量が1日10g多くなるごとに
総死亡のハザード比 
モデルI *5  1.34(95%信頼区間1.09–1.64)
モデルII *6  1.31(95%信頼区間1.07–1.60)

 

やはり総死亡が多かった 

 観察研究のため交絡の可能性もありますが、こちらのコホート研究でも糖尿病患者においては、卵の摂取量が多くなると総死亡が多いという結果が得られています。卵の摂取量が1日10g多くなるごとに、総死亡が34%多くなるということですから、注意が必要かもしれません。

 

卵は死亡と関係があるのか?

  • 卵の摂取量と総死亡を検討したコホート研究は2つあり、いずれも関連を示唆する結果である。
  • 一般の成人男性については、週7個以上の卵摂取で23%総死亡が多いという大規模コホート研究がある。
  • 糖尿病患者については、1日10g多く摂取するごとに34%総死亡が多いというコホート研究がある。

 

*1:ここでは心筋梗塞や脳梗塞の発症を検討した研究は関心がなく、あくまでも総死亡にこだわります。

*2:Rong Y, Chen L, Zhu T, Song Y, Yu M, Shan Z, Sands A, Hu FB, Liu L. Egg consumption and risk of coronary heart disease and stroke: dose-response meta-analysis of prospective cohort studies. BMJ. 2013 Jan 7;346:e8539. doi: 10.1136/bmj.e8539. Review. PubMed PMID: 23295181; PubMed Central PMCID: PMC3538567.

*3:Tran NL, Barraj LM, Heilman JM, Scrafford CG. Egg consumption and cardiovascular disease among diabetic individuals: a systematic review of the literature. Diabetes Metab Syndr Obes. 2014 Mar 24;7:121-37. doi: 10.2147/DMSO.S58668. eCollection 2014. Review. PubMed PMID: 24711708; PubMed Central PMCID: PMC3969252.

*4:Trichopoulou A, Psaltopoulou T, Orfanos P, Trichopoulos D. Diet and physical activity in relation to overall mortality amongst adult diabetics in a general population cohort. J Intern Med. 2006 Jun;259(6):583-91. PubMed PMID: 16704559.

*5:Model I is adjusted for gender (males, females), age (<55, 55–64, 65–74, ‡75, ordered), educational level (<6, 6–11, ‡12, ordered), smoking (never, former and 1–10, 11–20, 21–30, 31–40, ‡41 cigarettes per day, ordered), waist-to-height (continuously per standard deviation), hip circumference (continuously per standard deviation), MET score (quintiles, ordered), total energy intake (continuously per standard deviation), treatment with insulin (no, yes), treatment for hypertension at enrolment (no, yes), and treatment for hypercholesterolaemia at enrolment (no, yes).

*6:Model II is adjusted for all the above variables except for energy intake, plus all other indicated food groups. cIncluding flour, flakes, starches, pasta, rice, other grain, bread, crisp bread, rusks, breakfast cereals, biscuits, dough and pastry, etc.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル