地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

医学教育で進歩しているのは自分だった

 
スポンサーリンク

 

 書評です。久しぶりの医学教育関連書籍のご紹介です。

研修医指南書「今の若者は・・・・・・」って、嘆いていませんか?

 

 指導医講習会の基本的エッセンスを押さえた本です。

 例えば、エビングハウスの忘却曲線、ジョハリの窓、マズローの三角形、One-minute preceptor。

 さらには、ゆとり世代の特性、うつ病対策まで概観できます。

 

 指導医になったら、講習会に参加するのはもちろんのこと、本書を一読しておくことをおすすめします。

 

 ちなみにこの記事のタイトルは、帯のコピーから。

「人育て」で進歩するのは自分なのです。

 

 気になる指導医の方は、ぜひどうぞ。

研修医指南書「今の若者は・・・・・・」って、嘆いていませんか?

研修医指南書「今の若者は・・・・・・」って、嘆いていませんか?

  • 作者: 志賀隆,メディカルサイエンス社
  • 出版社/メーカー: メディカルサイエンス社
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル