地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

メトトレキサートに葉酸補充は必要?

 
スポンサーリンク

 

 関節リウマチなどに処方されるリウマトレックス(メトトレキサート)にあわせて、葉酸が処方されることがあります。

 副作用軽減のため、とのことですが、どの程度の効果があるのでしょうか。確認しておきます。

 

胃腸症状が少ない

 コクランのメタ分析があります。

メタ分析(Shea, 2013年) *1

 要約をまとめようと思ったのですが、すでにいろいろ情報が出ていますので、リンクしておきたいと思います。

 こちらはコクランの日本語訳。

関節リウマチ患者に対するメトトレキサートの副作用軽減のための葉酸とフォリン酸 |コクラン

 こちらのブログでは、メタ分析をまとめていただいております。

ph-minimal.hatenablog.com

 吐き気、嘔吐、腹痛などの胃腸症状(6のランダム化比較試験の結果を統合)は相対危険 0.74(95%信頼区間 0.59, 0.92)、治療必要数 11とのこと。

 有害事象の予防効果は比較的高いように思えます。

 

 作用機序については、こちらをどうぞ。

pharmacist.hatenablog.com

葉酸の投与方法は

 葉酸の投与方法はどうなっているでしょうか。

 コクランの情報では、5mg/週または1mg/日の研究が多いようです。5mg/週の投与方法がどうなっていたか記載はありません。

 前述のブログ記事では、投与方法にこのような記載があります。

リウマトレックス(メトトレキサート)の効果を減らさず、副作用のみを防止するにはどうすればいいか?

要は適度に葉酸の活性体であるTHFを減らすように加減できればいいわけです。

それが、リウマトレックスを最後に服用してから24〜48時間後の葉酸5mg服用というわけです。

日本ではこの服用方法がガイドラインに記載されていますが、この服用方法がベストかどうかはまだ結論が出ていません。

現にリウマトレックスの服用開始の前日に葉酸5mgを服用する方法もありますし、米国では葉酸1mgを連日投与します。

リウマトレックスとフォリアミン〜特殊な投与方法の理由は? - 薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

 

 作用機序からはリウマトレックスを服用して24-48時間後に葉酸5mg投与がよさそうで、ガイドラインでも推奨されています。

 

 こちらでも作用機序が解説されています。

www.fizz-di.jp

 これは、まだ『リウマトレックス』が血液中、もしくは筋肉や脂肪中に残っている状態(分布相以内)で『フォリアミン』を使うと、『リウマトレックス』による治療効果が弱まってしまうからです *2

 そのため、『リウマトレックス』を飲み終えた翌日、もしくは翌々日に『フォリアミン』を服用するのが一般的です。

 

 1994年のランダム化比較試験が根拠として引用されていました。原著入手できませんでしたが、参考にしたいと思います。

 情報検索も便利な時代になってきましたね。

 

*1:Shea B, Swinden MV, Tanjong Ghogomu E, Ortiz Z, Katchamart W, Rader T, Bombardier C, Wells GA, Tugwell P. Folic acid and folinic acid for reducing side effects in patients receiving methotrexate for rheumatoid arthritis. Cochrane Database Syst Rev. 2013 May 31;(5):CD000951. doi: 10.1002/14651858.CD000951.pub2. Review. PubMed PMID: 23728635.

*2:Morgan SL, Baggott JE, Vaughn WH, Austin JS, Veitch TA, Lee JY, Koopman WJ, Krumdieck CL, Alarcón GS. Supplementation with folic acid during methotrexate therapy for rheumatoid arthritis. A double-blind, placebo-controlled trial. Ann Intern Med. 1994 Dec 1;121(11):833-41. PubMed PMID: 7978695.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル