地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

HPVワクチンとCIN(クロニクル)

 
スポンサーリンク

 ひさしぶりの、エビデンス・クロニクル(略して「エビクロ」または「黒エビ」)です。年10本くらいは整理したい、という初心はすっかり忘れていました。また1から出直したいと思います。

 

 主要なエビデンスを年表のように整理しておきたいと思います。ほとんど個人的な備忘録で、漏れているものもあるかもしれません。

 引用文献にはPubMed IDがあります。原著論文を確認したい場合には、こちらの方法をご参照ください。

 また、日本語で読める有用な論文情報サイト「CMECジャーナルクラブ」へのリンクもさせていただいております。

CMEC-TV/TOPページ

 いつもありがとうございます。

 

 今回は、HPVの話題ついでにワクチンまで調べてみました。

 尚、いまだに子宮頸がん発症や子宮頸がん死亡、そして総死亡までを検討した研究は発表されていません。せいぜいCINの発症まで。CINとは前がん病変とされておりますが、あくまでも代用のアウトカムになるでしょう。

 子宮頸がんワクチンとは、とてもまだ呼べませんね。

CIN 1:Cervical intraepithelial neoplasia(子宮頸部上皮内腫瘍)grade 1
CIN 2:Cervical intraepithelial neoplasia(子宮頸部上皮内腫瘍)grade 2
CIN 3:Cervical intraepithelial neoplasia(子宮頸部上皮内腫瘍)grade 3
AIS:Adenocarcinoma in situ(上皮内腺がん)
CIN 2+:CIN2, CIN3, AIS, 浸潤性子宮頸がんを含むもの

 そこで、子宮頸がんに関わるものを中心に、ピックアップしてみました。

HPVワクチンと前がん病変

2006年

  • ランダム化比較試験(Mao, 2006年)*1
    16-23歳の女性に1価HPVワクチン、4年でHPV16関連CIN 2-3ゼロ *2

2007年

  • ランダム化比較試験(FUTURE II Study Group, 2007年)*3
    15-26歳の女性に4価HPVワクチン、3年でCIN2+は少ない *4
  • メタ分析(Rambout, 2007年)*5
    15-25歳の女性にHPVワクチン、CIN2+は少ない *6

2009年

  • ランダム化比較試験(Paavonen, 2009年)*7*8
    15-25歳の女性に2価HPVワクチン、CIN2+少ない *9

2010年

  • ランダム化比較試験(FUTURE I/II Study Group, 2010年)*10*11
    16-26歳の女性に4価HPVワクチン、CIN1少ない *12

2011年 

  • メタ分析(Lu, 2011年)*13 *14
    HPVワクチン(1価、2価、4価)でCIN 2+が少ない *15 

 

 他にも、9価のHPVワクチン、25歳以上の女性*16、男性へのHPVワクチンなどの研究もありますが、いずれも代用のアウトカムが主体となっているため入れませんでした。

 

HPVワクチンと子宮頸がん発症

なし

 

HPVワクチンと子宮頸がん死亡・総死亡

なし

 

 

 

 今後も順次更新していきたいと思います。

 

*1:Mao C, Koutsky LA, Ault KA, Wheeler CM, Brown DR, Wiley DJ, Alvarez FB, Bautista OM, Jansen KU, Barr E. Efficacy of human papillomavirus-16 vaccine to prevent cervical intraepithelial neoplasia: a randomized controlled trial. Obstet Gynecol. 2006 Jan;107(1):18-27. Erratum in: Obstet Gynecol. 2006 Jun;107(6):1425. PubMed PMID: 16394035.

*2:vaccine efficacy 100%

*3:FUTURE II Study Group. Quadrivalent vaccine against human papillomavirus to prevent high-grade cervical lesions. N Engl J Med. 2007 May 10;356(19):1915-27. PubMed PMID: 17494925.

*4:vaccine efficacy 98% [95%信頼区間 86, 100%]

*5:Rambout L, Hopkins L, Hutton B, Fergusson D. Prophylactic vaccination against human papillomavirus infection and disease in women: a systematic review of randomized controlled trials. CMAJ. 2007 Aug 28;177(5):469-79. Epub 2007 Aug 1. Review. PubMed PMID: 17671238; PubMed Central PMCID: PMC1950172.

*6:オッズ比 0.52、95%信頼区間 0.43, 0.63

*7:Paavonen J, Naud P, Salmerón J, Wheeler CM, Chow SN, Apter D, Kitchener H, Castellsague X, Teixeira JC, Skinner SR, Hedrick J, Jaisamrarn U, Limson G, Garland S, Szarewski A, Romanowski B, Aoki FY, Schwarz TF, Poppe WA, Bosch FX, Jenkins D, Hardt K, Zahaf T, Descamps D, Struyf F, Lehtinen M, Dubin G; HPV PATRICIA Study Group. Efficacy of human papillomavirus (HPV)-16/18 AS04-adjuvanted vaccine against cervical infection and precancer caused by oncogenic HPV types (PATRICIA): final analysis of a double-blind, randomised study in young women. Lancet. 2009 Jul 25;374(9686):301-14. doi: 10.1016/S0140-6736(09)61248-4. Epub 2009 Jul 6. Erratum in: Lancet. 2010 Sep 25;376(9746):1054. PubMed PMID: 19586656.

*8:CMEC-TV/ 子宮頸がんに対するワクチンは、効果がありますか?

*9:vaccine efficacy 94.5%、95%信頼区間 86.2, 98.4

*10:FUTURE I/II Study Group, Dillner J, Kjaer SK, Wheeler CM, Sigurdsson K, Iversen OE, Hernandez-Avila M, Perez G, Brown DR, Koutsky LA, Tay EH, García P, Ault KA, Garland SM, Leodolter S, Olsson SE, Tang GW, Ferris DG, Paavonen J, Lehtinen M, Steben M, Bosch FX, Joura EA, Majewski S, Muñoz N, Myers ER, Villa LL, Taddeo FJ, Roberts C, Tadesse A, Bryan JT, Maansson R, Lu S, Vuocolo S, Hesley TM, Barr E, Haupt R. Four year efficacy of prophylactic human papillomavirus quadrivalent vaccine against low grade cervical, vulvar, and vaginal intraepithelial neoplasia and anogenital warts: randomised controlled trial. BMJ. 2010 Jul 20;341:c3493. doi: 10.1136/bmj.c3493. PubMed PMID: 20647284; PubMed Central PMCID: PMC2907480.

*11:CMEC-TV/ 子宮頸がんに対する4価ワクチンは、効果がありますか?

*12:関連病変 vaccine efficacy 69.0%、95%信頼区間61.6, 75.1

*13:Lu B, Kumar A, Castellsagué X, Giuliano AR. Efficacy and safety of prophylactic vaccines against cervical HPV infection and diseases among women: a systematic review & meta-analysis. BMC Infect Dis. 2011 Jan 12;11:13. doi: 10.1186/1471-2334-11-13. Review. PubMed PMID: 21226933; PubMed Central PMCID: PMC3034689.

*14:HPVワクチンとCIN2+ - 予防接種の効果と害

*15:HPV16関連病変 相対危険0.47(95%信頼区間0.36, 0.61)、HPV 18型関連病変 相対危険0.16(95%信頼区間0.08, 0.34)

*16:HPVワクチンは何歳まで? - 予防接種の効果と害

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル