地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

腰痛に超音波治療は効果なし

 
スポンサーリンク

質問

 腰痛には超音波治療が効きますか?

f:id:cometlog:20170726102900j:plain

 

腰痛の理学療法 

 腰痛に対する理学療法はしばしば行われているようですが、そのひとつに超音波治療があります。

 理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

 「理学療法士及び作業療法士法」第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

理学療法とは - 公益社団法人 日本理学療法士協会

 

 この腰痛に対する超音波治療の効果について、調べてみました。

メタ分析(Ebadi, 2014年) *1

研究の概要

 慢性非特異的腰痛症の成人に対して超音波治療を行うと、プラセボまたは他の治療に比べて自覚症状や機能は改善するか、を検討したランダム化比較試験のメタ分析。

 

主な結果

 7の小規模ランダム化比較試験(362人)の結果を統合。そのうち質が高い研究は2研究のみ。

 短期の機能(back-specific function *2 )については、超音波治療群では標準化平均差 -0.45(95%信頼区間 -0.84, -0.05)とわずかに改善度が大きい傾向がみられた。

 短期の痛み ((Visual analogue scale、100点スケールでスコアが高いほうが痛み強い)については、平均差 -7.12(95%信頼区間 -17.99, 3.75)と改善がみられなかった。

 さらに超音波治療+運動についても、運動のみと比べて短期の痛み・機能ともに改善がみられなかった。

 

ほとんど効果がなかった

 腰痛に対する超音波治療の効果の検討は、ランダム化比較試験自体があまり行われていませんでした。行われている研究は小規模で、質もあまり高くない研究です。

 数少ない研究結果からは、短期で身体機能は多少改善する傾向がみられるものの、そもそも痛み自体は改善しない、という結果です。

 

 現時点では、慢性腰痛に対して超音波治療を推奨する科学的根拠はない、という結論になるでしょう。

 

*1:Ebadi S, Henschke N, Nakhostin Ansari N, Fallah E, van Tulder MW. Therapeutic ultrasound for chronic low-back pain. Cochrane Database Syst Rev. 2014 Mar 14;(3):CD009169. doi: 10.1002/14651858.CD009169.pub2. Review. PubMed PMID: 24627326.

*2:Functional Rating Index or Oswestry Disability Questionnaire、スコアが高いほうが機能悪い

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル