地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

低炭水化物スコアとぽっちゃりについて

 
スポンサーリンク

 以前の記事、それでも日本人だけは大丈夫? - 地域医療日誌にコメントをいただきました。ぼくの記事を読んでいただき、さらにコメントまでいただけるなんて、とても嬉しいです。ありがとうございます。

f:id:cometlog:20171019024731j:plain

 

 詳細はコメントをご参照ください。

 コメント欄でお返事しようと思いましたが、興味深いご指摘で説明が長くなりそうでしたので、記事にしてみました。 

 

低炭水化物スコアで比べている 

 ご質問のメタ分析 *1 は、こちらのことだと思います。

www.bycomet.tokyo

 このブログ史上、過去最高のブックマークをいただいた記事です。

 このメタ分析の主な結果の部分を抜粋します。

低炭水化物スコアで総死亡を検討した4研究(272,216人)では、15,981人(5.9%)が死亡。低炭水化物スコア *2 が最も高い人での統合したリスク比は 1.31(95%信頼区間 1.07, 1.59)と低炭水化物食で総死亡が多い。

やはり糖質制限食で総死亡が多くなっていた! - 地域医療日誌

 

 低炭水化物スコアで比較しています。このスコアについては以下のように原文を脚注に掲載し、説明を省いてしまったんですね。失礼しました。

*2:In the computation of the low-carbohydrate diet score, percentages of energy from protein and carbohydrate were divided into deciles. For carbohydrate, the lowest decile received 10 points and the highest received 0 points, inversely. We pooled the relative risk in the highest score (lowest-carbohydrate intake) group with the lowest score (highest-carbohydrate intake) group as a referent.

やはり糖質制限食で総死亡が多くなっていた! - 地域医療日誌

 

 低炭水化物スコアとは、炭水化物のエネルギー比率を十分位数に分け、10点(炭水化物摂取量少ない)~0点(炭水化物摂取量多い)に点数化したものです。

 結果は、スコアの最も低い(高炭水化物食)グループに比べて、スコアの最も高い(低炭水化物食)グループの相対危険で示されています。

 

 このメタ分析では脂質についても検討されており、高脂質スコアが採用されています。これも同様に、脂質のエネルギー比率を十分位数に分け、0点(脂質摂取量多い)~10点(脂質摂取量少ない)に点数化したものです。

 

 低炭水化物スコアは十分位数ですから、それぞれの研究ごとに算出されることになります。つまり、どの程度の炭水化物を摂取しているのかは、それぞれの研究ごとに異なっていることになります。

 総死亡については、該当する4研究を統合して結果を示しています。しかし、残念ながら、このメタ分析にはそれぞれの研究データまでは書かれていませんでした。

 それぞれの原著論文に当ってみる必要があります。

 興味のある方は、ぜひどうぞ。

 

ぽっちゃりとはどんな様子のことか?

 少し小太りの人の卑近な表現として「ぽっちゃり」を選びました。読者が理解しやすい(あるいは注目しやすい)と考えたからです。

 もちろん、科学的に厳密な表現ではありません。

 あくまでも、わかりやすく身近な表現にしておいたまでです。

 

 とはいえ、「ぽっちゃり」というコトバをよく調べずに使ったことは確かです。

 せっかくですから、コトバの定義を確かめておきたいと思います。

ぽっちゃり(副)

新明解 国語辞典(第七版)
若い女性が小太りで、体全体に丸みがあり、かわいらしく見える様子。

三省堂 大辞林
ふくよかで、かわいらしいさま。ぽってり。ぽちゃり。 「 -(と)した女の子」

実用日本語表現辞典
肉付きが豊かで愛らしい様子。ぽてっとした感じ。女性や児童について言うことが多い。

 

 小太り、ふくよか、肉付きが豊か、といった表現になるでしょうか。

 たしかにこれは「見た目」の主観的判断であり、BMIが高いということと直接相関があるかどうか、わかりません。

 それでは体脂肪率と相関があるのか、についても、ぼくはわかりません。

 もしかしたら、ぽっちゃりと体脂肪率には関係があるという知見があるからご指摘いただいたのかもしれませんので、もしご存知ならぜひ教えていただきたいと思います。

 

 印象としては、ぽっちゃりとは見た目の表現である、そして女性によく使われる表現である、ということになるでしょう。

 少なくともぼくは、そういった意味合いで使っています。

 

 お返事になっているかわかりませんが、このへんで。

 

*1:Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M. Low-carbohydrate diets and all-cause mortality: a systematic review and meta-analysis of observational studies. PLoS One. 2013;8(1):e55030. doi: 10.1371/journal.pone.0055030. Epub 2013 Jan 25. Review. PubMed PMID: 23372809; PubMed Central PMCID: PMC3555979.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル