地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

接触後のワクチンでも予防できますか?

スポンサーリンク

 

PEP

 麻しんの流行が話題になっています。イベントや空港を利用して、心配している人もいるでしょう。

 病原体によっては、接触後のワクチン(PEP, postexposure prophylaxis)にも発症予防効果があります。

 

 わかりやすくまとまっているのは、2013年の米国家庭医療学会のレビュー *1 です。

www.aafp.org

 

3日以内に麻しんワクチンを

 麻しんについて、確認しておきましょう。

  • 前駆症状(カタル期)の1日前から発疹消失4日後まで感染する可能性がある。
  • 免疫がない人が接触すると感染する。
  • 妊婦や免疫不全の人は免疫グロブリン 0.25mL/kgを1回投与する。
  • それ以外の人は接触3日以内に麻しんワクチンを接種する。

 

 接触したという方は、すぐに麻しん風しんワクチンをご検討ください。

 

*1:Bader MS, McKinsey DS. Postexposure prophylaxis for common infectious diseases. Am Fam Physician. 2013 Jul 1;88(1):25-32. Review. Erratum in: Am Fam Physician. 2013 Nov 15;88(10):636. PubMed PMID: 23939603.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル