地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

まだ施設入居時にMRSA保菌検査しているの?

スポンサーリンク

f:id:cometlog:20151213160933j:plain

 

MRSA保菌者の特別扱いは不要

 高齢者介護施設の入居時に行われる健康診断で、いまだにMRSA *1 についての検査を求められることがあります。

 施設入居時では当然、MRSAを発症していることはないことが前提ですから、検査は鼻腔内の保菌状態の確認ということになります。

 施設によっては、陽性の場合に入居を断られたり、除菌まで求められることもあるかもしれません。

 

 随分前にこのような古い慣習はなくなった、と理解しているのですが、いまだに散見されます。

 

 日本感染症学会のウェブサイト *2 にちょうどいいQ&Aがありました。念のため、確認しておきます。

Q:特別養護老人ホーム,老健施設,在宅医療支援施設,心身障害者施設等において,MRSA保菌者にどのように対応すればよいでしょうか.

 

A:ご質問の各種施設におけるMRSA保菌者の処遇に関して,多くの相談が寄せられていますが,以下のように考えられています.これらの施設においては,MRSA保菌者を対象とする特別な対応を行わなくても,MRSAの蔓延,重症MRSA感染症の発症は殆ど見られません.施設全体での抗菌薬投与例が少ないこと,侵襲的な処置や血管カテーテル留置が行われる頻度が低いためと考えられています.過剰な無駄な対応により,患者/利用者に悪影響が及ばないよう工夫が必要です.

 一般的な清潔維持の努力が行われていれば,それ以上の,MRSA保菌者のみを対象とした特別な対応は不要です.

 

(必要なこと)

  • 施設の適切な整理整頓,清掃
  • 医療介護職員の手洗い励行,手洗い設備の整備
  • 施設の適切な食中毒対策
  • 点滴静脈注射,創傷処置などを行う際には無菌操作を徹底
  • 患者/利用者の血液に触れる際の手袋着用,素手で血液に触れてしまった際の手洗いと手指消毒,針刺し事故防止(職員の感染防止のため)
  • 発熱患者の早期診断早期治療(重症例,遷延例では関連病院との連携が必要です)
  • インフルエンザ,疥癬など流行時の適切な対応
  • 結核患者の見落とし防止
(不必要なこと)
  • MRSA保菌者の特別扱い:MRSA保菌者の食器の特別扱い、MRSA保菌者のリネンの特別扱い、MRSA保菌者の個室隔離、MRSA保菌者の行動制限
  • 保菌者の特別扱いが不要であれば,MRSA保菌検査のルチン化も,症状のない保菌者の除菌も不要と言うことになります.
(行ってはならないこと)
  • MRSA保菌を理由とした施設利用の制限:施設入所制限、リハビリテーションの制限(HBV抗原陽性,HCV抗体陽性,梅毒血清反応陽性なども同様です
 以上に示したことの根拠は,『院内感染対策テキスト(改訂4版),日本感染症学会編集,厚生省医薬安全局安全対策課編集協力.へるす出版.pp176-183,2000.)に記載されています.また,このような福祉施設における各種感染症対策の基本については,平成6年発行の厚生省監修『特別養護老人ホーム等における感染症対策の手引き』(全国社会福祉協議会),平成11年発行の『老人保健施設における感染症対策の手引き』全国老人保健施設協議会編に記載されています. (H13.5.15)

 

 平成13年(2001年)の時点での記載のようですが、これは今でも大きな変更はないものと思います。

 

 MRSA保菌者の施設制限や特別扱いは、医学的に不必要であるばかりでなく、倫理的にも問題がありそうです。

 

最近の研究から

 さて、それでは最近の研究ではどうなっているのでしょうか?少し調べてみることにしました。

横断研究(Mody, 2008年) *3

研究の概要 

 尿道カテーテル、胃ろう、中心静脈カテーテルなどを留置した介護施設入居者(125人)に対して複数の部位からMRSA保菌検査を行うと、カテーテルを留置していない介護施設入居者(125人)に比べてMRSA保菌率が高いかを検討した横断研究。

主な結果

 同意が得られなかった人を除く213人が対象。62%が1部位以上からブドウ球菌が検出され、カテーテル留置群では76%、非留置群では47%であった(オッズ比 3.6、95%信頼区間 1.9, 6.7)。

 86人(40%)にMRSA保菌が検出されたが、鼻腔培養で検出されたのはそのうち56人(65%)のみ。

 留置群では55人/105人(52%)、非留置群では31人/108人(29%)とカテーテル留置群でMRSA保菌者が多かった(オッズ比 2.7、95%信頼区間 1.5, 5.0)。

 

鼻腔培養では保菌者も見逃している

 この横断研究では、介護施設入居者でも4割がMRSAを保菌していたこと、鼻腔培養検査では保菌者の65%しか確認できていないこと、カテーテルを留置しているとMRSA保菌が2.7倍多くなること、などが示されています。

 

 この結果からも、そもそも介護施設入居者に一律で鼻腔培養検査を行う意義がほとんどないことが、この研究からも明らかです。

 

 もし介護施設内で何らかのMRSA対策をしようとするなら、まずどこに保菌しているのかを確かめなければならないはずです。MRSAは鼻にいるとは限らないからです。

 

つづく

施設内での特別なMRSA対策には意味がないですか? - 地域医療日誌

 

*1:Methicillin-resistant Staphylococcus aureus、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

*2:日本感染症学会 - 施設内感染対策事業 - 施設内感染対策相談窓口

*3:Mody L, Kauffman CA, Donabedian S, Zervos M, Bradley SF. Epidemiology of Staphylococcus aureus colonization in nursing home residents. Clin Infect Dis. 2008 May 1;46(9):1368-73. doi: 10.1086/586751. PubMed PMID: 18419438; PubMed Central PMCID: PMC3319393.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル