地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

NHK謝罪文からわかること

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20170302221256j:plain

 

厚労省は口頭注意

 NHK総合で2017年2月22日(水)午後7時30分から放送された番組「ガッテン!」の「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎 」。放送後、専門家や学会から内容に問題があるとの抗議の声があがりました。

 その後、厚生労働省が口頭で厳重注意、NHKが番組ウェブサイトで謝罪文を発表し、事態が収束しつつあります。

 

 ぼくは番組をみていませんが、報道された内容はひどいものだと感じました。

 さらに気になるのは、事態が収拾された過程です。とても奇異な印象を受けましたが、前例として参考になる事例ですので、ここに書きとめておこうと思います。

 

NHK謝罪文 

 まずは番組側からの謝罪文 *1 です。いずれ消えてしまうでしょうから、ここに全文を引用させていただきます。(強調はぼくが追加しました。)

「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」をご覧になった皆様へ

今回、放送後に多くのご指摘をいただきました。

番組は、“睡眠を改善することで血糖値が下がる”という医療現場の最新研究を紹介したものでした。糖尿病の背景のひとつに睡眠の問題があることをお伝えするのが、番組の主旨でした。

しかしながら、説明が不十分だったり行き過ぎた表現があったりしたため、「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」「副作用を軽視している」などと、ご批判を受けました。

視聴者の皆様、医療現場の皆様、関係者の皆様に誤解を与え混乱を招いてしまったことを、深くお詫び申し上げます。以下に、ご説明いたします。

★睡眠障害と血糖値の関係について

睡眠障害が血糖値の異常をもたらすことは、シカゴ大学など様々な研究機関から報告されており、広く知られています。大阪市立大学医学部附属病院では2015年から、糖尿病患者のうち睡眠障害を合併している方を対象に、睡眠薬を使って睡眠障害を改善する臨床研究を行っています。睡眠障害が改善したことで、17人中、14人の血糖値が改善したというデータを番組ではお伝えしました。

しかし、番組内に「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現や短絡的な表記があり、あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました。あくまでも睡眠障害と診断された方に対して、医師が睡眠薬の処方が必要であると判断した時にしか行えないことを、もっと明確に述べるべきでした。

★番組に登場した睡眠薬と、その副作用について

今回、番組では、「オレキシン受容体拮抗薬」という睡眠薬を中心に紹介しましたが、これ以外の睡眠薬にもそれぞれ利点があり、血糖値が下がったという研究も報告されています。

番組で「オレキシン受容体拮抗薬」をとりあげたのは、大阪市立大学医学部附属病院が、「運動障害の副作用の報告が少ないことに加えて、睡眠により選択的に効果があり、睡眠の改善と血糖管理の関係を見やすい」という理由で、この薬を使用していたためです。

番組では、「副作用は少なくなっていますが医師の指示に従って服用してください」とお伝えした一方で、「副作用の心配がなくなっている」などという表現がありました。運動障害の副作用は少ないとはいえ、悪夢や頭痛などの別の副作用は報告されており、大変不適切でした。

スタジオにご出演頂いた専門家は、「GABA受容体作動薬」、「メラトニン受容体作動薬」など他の薬剤についても説明されていましたが、その内容を十分にお伝えできない編集となってしまいました。また、薬剤名がわかる状態で薬を手に持つ映像を紹介したことも、あたかも番組や病院が、この薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていました。

睡眠障害の治療には、生活習慣の改善など様々な選択があり、睡眠薬を使用するかどうか、どの種類の睡眠薬を選ぶかなどは、かかりつけの医師や睡眠専門の医師の判断に従ってください。

この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。お詫び申し上げます。

謝罪文からわかる問題点の要約

 この謝罪文から問題点を要約しておきます。

  • 「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現や短絡的な表記があった。
  • 「オレキシン受容体拮抗薬」以外の睡眠薬で血糖値が下がったという研究は報告されているが、まるで「オレキシン受容体拮抗薬」が血糖値を下げるかのように伝えた。(「オレキシン受容体拮抗薬」をとりあげたのは、大阪市立大学医学部附属病院が「睡眠の改善と血糖管理の関係を見やすい」という理由で、この薬を使用していたため)
  • 薬剤名がわかる状態で薬を手に持つ映像を紹介し、あたかも番組や病院が、この薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていた。

 

 つまり、この番組の問題点は、科学的に誤った情報を伝えたことと、特定の薬剤を推奨する情報を伝えたこと、の2点に集約されるでしょう。

 

 ここでぼくが興味があるので押さえておきたいと思うところは、次の2点です。

  1. 睡眠薬(またはオレキシン受容体拮抗薬)を服用すると血糖値が下がる、という科学的根拠はあるのか?
  2. このような情報提供は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)における医薬品等の広告規制に違反するのではないか?

 

 この2点を順に確認していこうと思います。

 

つづく 

睡眠薬で血糖値が下がる? - 地域医療日誌

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル