地域医療日誌

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

爪がはがれてくるのですが、病気ですか?

スポンサーリンク

質問

 こどもの爪がはがれてくるのですが、病気でしょうか?

f:id:cometlog:20151101144513j:plain
 写真はイメージです。

 

それは爪甲脱落症かもしれません

 英語では onychomadesis といいます。爪がどんな状態になるかは、ここに掲載できませんので、Google画像検索などにて、ぜひご確認ください。

 見ると、ああ見かけたことある、と思うかもしれません。

 この「爪甲脱落症」は、しばしばなにか深刻な病気を心配されて相談されることがあるように思います。

  同様の爪が変形する病変で、Beau lines (ボー線条)というものもあります。爪甲の横に入るスジのようなものですが、こちらも画像検索でご確認ください。

 

いろいろな原因でおこる 

 これらの爪の変形はどのような原因で起きるのでしょうか。

 UpToDate *1 を確認しておきます。

  • 爪の外傷(マニキュア、爪抜癖、サイズの合わない靴など)
  • 皮膚病変(皮膚炎、爪囲炎など)
  • 薬剤(レチノイド、化学療法など)
  • ウイルス感染(手足口病など)
  • 天疱瘡
  • 川崎病

 

 原因が除去されれば爪は元に戻りますが、爪が生え変わって治るまでの時間がかかることになります。

 

手足口病による変形

 これらの原因の中で、小児ではしばしばみられるのが、手足口病のものです。発症から1~2か月後に爪の変化が現れるため、原因としては気づきにくいようです。

 爪の変形の相談を受けたら、まず手足口病にかかっていなかったか、と尋ねるようにしています。もしかかっていたら、自然に治りますので、そのまま様子をみるだけで解決することがほとんどです。

 

 記憶に新しいのは、2011年の国内流行です。コクサッキーA6が原因とされており、過去30年で最も大きな流行となったようです。

 その際に爪甲脱落症がしばしばみられたことが報告されています。 爪の変形については、以下のように記載されています。

Outbreaks of CVA6-associated HFMD in Finland, Taiwan, and Japan were associated with onychomadesis, with the loss of nails occurring 1–2 months after initial symptoms. The association between more typical HFMD and onychomadesis has additionally been described in the United States and Europe but without a link to specific serotype or with a small percentage of CVA6-associated cases. Cases from the Boston epidemic may fit into an emerging clinical phenotype of CVA6, and it will be interesting to see whether nail loss develops in those patients. *2

Some patients with HFMD had onychomadesis (periodic shedding of the nails) 1–2 months after onset of HFMD. Most cases of HFMD were self-limited. However, additional follow-up may be necessary for patients with onychomadesis who are treated at dermatology clinics.

HFMD outbreaks caused by CVA6 were reported in Singapore, Finland, and Taiwan in 2007–2009. Recent HFMD outbreaks in Finland and Spain were associated with cases of onychomadesis 1–2 months after onset of HFMD. In Japan, cases of onychomadesis after onset of HFMD were reported in 2009. Therefore, changes in clinical outcomes of CVA6-associated diseases should be investigated. *3 

 

 コクサッキーA6流行期に爪の変形がしばしばみられたことから、手足口病の原因ウイルスによって多少臨床像が異なるのかもしれません。 

 

爪がはがれてくるのですが、病気ですか?

  • 爪の外傷や皮膚病、薬、ウイルス感染、まれな病気でおこることがあります。
  • ウイルス感染では手足口病によるものが有名です。
  • 手足口病にかかって1~2か月で爪に変形が現れますが、自然に治ります。

 

*1:Phoebe Rich P, Jefferson JA. Overview of nail disorders. In: UpToDate, Post TW (Ed), UpToDate, Waltham, MA. (Accessed on November 1, 2015.)

*2:Flett K, Youngster I, Huang J, McAdam A, Sandora TJ, Rennick M, Smole S, Rogers SL, Nix WA, Oberste MS, Gellis S, Ahmed AA. Hand, foot, and mouth disease caused by coxsackievirus a6. Emerg Infect Dis. 2012 Oct;18(10):1702-4. doi: 10.3201/eid1810.120813. PubMed PMID: 23017893; PubMed Central PMCID: PMC3471644.

*3:Fujimoto T, Iizuka S, Enomoto M, Abe K, Yamashita K, Hanaoka N, Okabe N, Yoshida H, Yasui Y, Kobayashi M, Fujii Y, Tanaka H, Yamamoto M, Shimizu H. Hand, foot, and mouth disease caused by coxsackievirus A6, Japan, 2011. Emerg Infect Dis. 2012 Feb;18(2):337-9. doi: 10.3201/eid1802.111147. PubMed PMID: 22304983;PubMed Central PMCID: PMC3310456.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル