地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

睡眠薬で血糖値が下がる?

3. 診断や治療についての疑問 医学論文を調べるには EBM実践編
スポンサーリンク

 NHK謝罪文からわかること - 地域医療日誌 のつづき記事です。

f:id:cometlog:20170310234822j:plain

 

  1. 睡眠薬(またはオレキシン受容体拮抗薬)を服用すると血糖値が下がる、という科学的根拠はあるのか?
  2. このような情報提供は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)における医薬品等の広告規制に違反するのではないか?

 

そもそもが代用のアウトカム

 まずは、この1.の疑問を定式化 *1 して整理してみましょう。(いわゆるEBMのステップ1、PECOで定式化です。)

糖尿病の人がオレキシン受容体拮抗薬を服用すると、プラセボに比べて血糖値が下がるか(治療の疑問)

 

 そもそも、この疑問設定自体が「血糖値」という検査値を指標としているため「代用のアウトカム」の疑問ということになります。

 真のアウトカム、代用のアウトカムについてはこちら *2 などをご参照ください。

 

 仮に「真のアウトカム」の疑問を設定するとしたら、このようになるでしょう。

糖尿病の人がオレキシン受容体拮抗薬を服用すると、プラセボに比べて総死亡・心血管死亡が少なくなるか(治療の疑問)

 

 患者さんにとっては、血糖値が下がることは目先の指標にはなるかもしれませんが、その先にあるのは、糖尿病合併症の予防であったり、死亡の回避であったりするわけです。

 

 そう考えると、今回設定した疑問のような「血糖値」という代用のアウトカムは、患者さんにとって重要な疑問ではない、と言えるでしょう。

 そんな重要ではない論文をよむのは時間の無駄なので、代用のアウトカムの論文は検索しない、というのが「EBM実践の掟」です。

 

 しかし、今回ばかりはそうもいきませんので、ざっと調べてみたいと思います。

 

⇒ つづきはnoteへ 

 今回の記事のつづきは アンダーライン|ブロガーズオフィス|note へ有料記事として公開しております。

note.mu

 記事の概要(目次)はこちら。

PubMedでは該当研究なし

オレキシン受容体拮抗薬と糖尿病

ベルソムラと糖尿病

NHKは何を根拠に報道したのか?

大阪市立大学の臨床研究?

未発表データ? 

 

 

さらにつづきます 

医薬品等の広告規制に違反する? - 地域医療日誌

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル