地域医療日誌

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

オスグッド病はどれくらいで治りますか?

スポンサーリンク

質問

 オスグッド病は治るまでにどれくらい時間がかかるのでしょうか?

 

 オスグッド病のエコー所見はどのようになりますか?につづきます。

 

予後良好? 

 オスグッド病は自然回復の可能性があり、自然に治っていくこともあると言われていますが、それはどの程度なのでしょうか?後遺症は残らないのでしょうか?少し調べておくことにしました。

 

UpToDate

 まずは、UpToDate *1 を確認してみましょう。

賢く決断。優れたケア。 | UpToDate

PROGNOSIS — Osgood-Schlatter disease typically subsides with the closure of the proximal tibial growth plate at skeletal maturity (usually between 14 and 18 years of age). Pain that persists after the closure of the growth plate may be related to a residual ossicle. The natural history of Osgood-Schlatter was evaluated in a retrospective review of 50 patients (69 knees) for whom no treatments or activity restrictions were recommended. After an average of nine years, 24 percent of patients reported some limitation in activities, and 60 percent had discomfort with kneeling.

 

 骨端線の閉鎖とともに症状が和らぐようですが、痛みが残る場合もあるようです。

 平均9年間の追跡期間中、24%には活動に何らかの制約が残っており、60%には膝を曲げた時に違和感が残る、とのことです。

 意外と後遺症が長く残ってしまうという印象ですね。

 このオスグッドの自然経過をみた論文 *2 は、残念ながら原著入手できませんでした。

 

DynaMed

 つぎに、DynaMed *3 を確認しておきましょう。

 「Osgood-Schlatter disease」の項目の「▶ Complications and prognosis」をクリックするだけです。

Prognosis:

condition is self-limiting and usually resolves when limbs stop growing and/or following conservative treatment

symptoms may wax and wane for 12-24 months before complete resolution

5%-10% of patients reported to have symptoms that persist into adulthood despite conservative treatment, including

  • persistent knee pain
  • difficulty kneeling
  • restricted activity

 

 DynaMedでは、成人まで症状残存するのは5-10%と記載されています。

 そして、2つの前向きコホート研究が引用されています。

slight knee disability may persist in young, physically active men with history of Osgood-Schlatter disease *4

 50人のうち25人がオスグッド病の既往あり。Knee Outcome Survey Activities of Daily Living Scale scoresとSports Activity Scale scoreで比較。スコアの差は有意であるが小さかった。

 

coordination might improve, but strength and endurance may be reduced in adolescents with Osgood-Schlatter disease 2 years after diagnosis *5

 32人のうち18人は2年前にオスグッド病と診断された人で、14人は対照で年齢をマッチさせた健康な人。2年でオスグッド病の38.9%が完全回復。筋力や持久力は回復していない傾向がみられた。

 

 やはり回復には年単位での時間がかかることもある、ということでしょう。なかなか難しい病気ではあります。

 

*1:Andrew J Kienstra AJ, Macias CG. Osgood-Schlatter disease (tibial tuberosity avulsion). In: UpToDate, Post, TW (Ed), UpToDate, Waltham, MA, 2015.

*2:Krause BL, Williams JP, Catterall A. Natural history of Osgood-Schlatter disease. J Pediatr Orthop. 1990 Jan-Feb;10(1):65-8. PubMed PMID: 2298897.

*3:DynaMed [Internet]. Ipswich (MA): EBSCO Information Services. 1995 - . Record No. 115095, Osgood-Schlatter disease; [updated 2015 Mar 03, cited 2015 Dec 11]; [about 7 screens]. Available from http://search.ebscohost.com/login.aspx?direct=true&db=dnh&AN=115095&site=dynamed-live&scope=site. Registration and login required.

*4:Ross MD, Villard D. Disability levels of college-aged men with a history of Osgood-Schlatter disease. J Strength Cond Res. 2003 Nov;17(4):659-63. PubMed PMID: 14636095.

*5:Kaya DO, Toprak U, Baltaci G, Yosmaoglu B, Ozer H. Long-term functional and sonographic outcomes in Osgood-Schlatter disease. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013 May;21(5):1131-9. doi: 10.1007/s00167-012-2116-1. Epub 2012 Jul 3. PubMed PMID: 22751942.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル