地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

歯ぐきが腫れていますが抗菌薬は効きますか?

スポンサーリンク

質問

 歯周病のために歯ぐきが腫れて歯科治療を受けています。このような状態でも、抗菌薬は効きますか?

f:id:cometlog:20160417192352j:plain

 

 歯周病がひどく定期的に歯科の通院治療をしている男性。悪化して膿瘍ができてしまう、根尖膿瘍という状態になっているようです。

 歯科治療を続けていますが、あまりよくならず、抗菌薬を希望しています。

 根尖膿瘍に対する抗菌薬の効果は、どれほどでしょうか。調べてみました。

 

根尖性歯周炎に対する効果

 最近のメタ分析がひとつありました。みておきましょう。

メタ分析(Cope, 2014年) *1

研究の概要

 根尖性歯周炎や根尖膿瘍のある成人が抗菌薬を服用すると、プラセボに比べて患者の自覚的な痛みや腫脹 *2、歯科医の判断する感染の程度は改善するか *3、を検討したランダム化比較試験のメタ分析。

 

主な結果

 該当するランダム化比較試験は質が低い2つの小規模研究(61人)のみ。いずれも両群で外科的治療(抜髄)を行った研究である。抗菌薬は経口ペニシリンVK。

 抗菌薬群はプラセボ群に比べて、痛み(0から3点のスケール)の平均差は、24時間で-0.03 (95%信頼区間 -0.53 to 0.47)、48時間で0.32 (95%信頼区間 -0.22 to 0.86)、72時間で0.08 (95% CI -0.38 to 0.54)と、ほぼ同等であった。

 歯科医の所見をアウトカムとした該当研究はなかった。

 

 根尖性歯周炎や根尖膿瘍については、抗菌薬を使っても自覚症状には差がなかった、ということになるでしょう。しかし、小規模研究のみであり、いまだ十分な検討がなされているとは言えません。

 

 さらに、アウトカムが痛みや腫脹でよいのか、という疑問もあります。歯科領域の研究は、このようなアウトカムが多いのでしょうか。もう少し長期的な展望での検討をしてもらいたいものです。

 

 歯周炎についても、調べてみたいと思います。

【つづく】

歯周炎に抗菌薬は効きますか? - 地域医療日誌

*1:Cope A, Francis N, Wood F, Mann MK, Chestnutt IG. Systemic antibiotics for symptomatic apical periodontitis and acute apical abscess in adults. Cochrane Database Syst Rev. 2014 Jun 26;6:CD010136. doi: 10.1002/14651858.CD010136.pub2. Review. PubMed PMID: 24967571.

*2:Measures of participant-reported pain and swelling, gauged on either a continuous scale, such as visual analogue scale (VAS), or using binary or dichotomous outcomes.

*3:Clinician-reported measures of infection, such as swelling, temperature, trismus (reduced mouth opening), regional lymphadenopathy or cellulitis.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル