地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

肺炎の診断に超音波検査は有用

3. 診断や治療についての疑問
スポンサーリンク

 

 超音波検査機器の進歩によって、より多くの情報量に早くアクセスできるようになってきています。

 人というものは、新しい道具は使いたくなるものです。しかし、その道具を使うことが果たしてよいかどうかは、科学的な検証を待って判断する必要があります。

 

 今回は、肺炎の診断に超音波検査は有用か、という研究をご紹介します。

 肺炎の診断は、一般的には胸部レントゲン検査、あるいは胸部CT検査などによって行います。超音波検査は日常的に用いられる検査ですが、肺炎の診断に対して活用できるか検証した、ということになります。

 もし活用できれば、X線被曝もなくすことができ、有益な診断方法となるでしょう。さて、結果はいかに。

横断研究(Liu, 2014年)*1

  • P▶ 救急部を受診し、市中肺炎が疑われた成人患者に
  • E▶ 超音波検査、胸部レントゲン検査による肺炎診断は
  • C▶ 胸部CTによる肺炎診断をgold standardとした場合
  • O▶ 感度・特異度はどれほどか
  • T▶ 診断、横断研究

《結果》※

超音波検査
感度 94.6% (106/112)、特異度 98.5% (66/67)、正診率 96.1% (172/179)

胸部レントゲン検査 
感度 77.7% (87/112)、特異度 94.0% (63/67)、正診率 83.8% (150/179) 

 

 胸部レントゲン検査に比べて、超音波検査のほうが優れた検査である、という驚くべき結果となっています。 

 

中日友好医院の研究

 

 さて、これは中国からの報告でしたが、実施された病院はこちらです。

Emergency Department of China-Japan Friendship Hospital, Beijing, China *2

 

 日本政府の援助でつくられた、1500床規模の総合病院です。研究で使用されている機器を確認してみましょう。

超音波検査:Sonosite M-Turbo *3 ultrasound machine equipped with a 3.5– 5 MHz convex array probe

X線検査:MUX-100DJ, Shimadzu, Japan
CT検査:Aquilion TSX-101A, Toshiba, Japan

 

 Sonositeは日本でもおなじみでしょうか。  

 研究デザインについては、マスキングが適切に行われているようで、大きな問題点はなさそうです。

 

肺炎の超音波所見

 

 この研究で採用されている、肺炎の超音波所見は以下の4つのうちのいずれかです。

  1. Lung consolidation
  2. Focal interstitial pattern
  3. Subpleural lesions ≥2  
  4. Intercostal spaces with pleural-line abnormalities ≥5

 

 1.はいわゆるコンソリデーションが超音波で確認されたもの、2.はいわゆるBライン、3.は胸膜に接した低エコー領域、4.は胸膜の2mm以上の肥厚像となっています。

 原著には画像が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

 この論文からは、肺炎の診断に超音波検査はかなり有用、という印象です。レントゲンを使わなくなる時代がくるかもしれません。

 低浸襲の超音波検査、研究はこれからさらに進むでしょう。

 

肺炎の診断に超音波検査は有用

  • 肺炎の超音波検査所見には4つの所見がある。
  • いずれかの所見があると、肺炎の感度95%、特異度99%となり、肺炎の診断には有用な検査である。

 

*1:Liu XL, Lian R, Tao YK, Gu CD, Zhang GQ. Lung ultrasonography: an effective way to diagnose community-acquired pneumonia. Emerg Med J. 2014 Aug 20. pii: emermed-2013-203039. doi: 10.1136/emermed-2013-203039. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 25142033.

*2:China-Japan Friendship Hospital

About us-China-Japan Friendship Hospital

*3:株式会社富士フイルムソノサイト・ジャパン SonoSite Mシリーズ M-Turbo(エム・ターボ)
※株式会社富士フイルムソノサイト・ジャパンは、平成28年7月1日付で、親会社である富士フイルムメディカル株式会社に吸収合併され、統合いたしました。

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル