地域医療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

睡眠薬のスボレキサントの効果

スポンサーリンク

 睡眠薬で血糖値が下がる? - 地域医療日誌
 睡眠薬で血糖値が下がる?|ブロガーズオフィス|note につづきます。

 

 スボレキサント(suvorexant、商品名 ベルソムラ)で糖尿病の血糖値が改善したという研究は発表されていなかった、ということがわかりました。

 そもそも不眠症治療薬ですから、本来の睡眠に対する効果はどの程度でしょうか。また有害事象はどの程度みられるのでしょうか。

 ついでに検索しておきたいと思います。

 

「地域医療」検索

 日本語の情報源を検索したい場合には、いくつか裏技があります。

 薬剤師の青島周一 (id:syuichiao)さんが、「地域医療日誌」検索という方法を紹介していただいております。ありがとうございます!

syuichiao.hatenadiary.com

 ぼくは以前から個人的に「地域医療」検索という方法を使っています。

 自分のブロクを検索することもあるのですが、やはりEBM関連の情報は「地域医療」という用語を入れるとひっかかりやすい、ということが経験的にわかっていたからです。

 検索したい用語の後ろにスペースを入れて「地域医療」と入力するだけです。簡単ですよね。

 今回はこれを使って検索してみましょう。

 

スボレキサント 地域医療 

 Googleに「スボレキサント 地域医療」と入力してみます。

 なんと、おなじみのブログが検索結果にずらっと並んでいます。(2017年3月11日現在)

f:id:cometlog:20170311134713p:plain

 

 やはり、地域医療検索の威力を感じます。

 おそらくこれらのブログの情報を拾うだけで、かなり質の高い情報が集まるはずです。主な結果をざっと確認させてもらいましょう。

薬剤師の地域医療日誌 

スボレキサントの有効性 : 薬剤師の地域医療日誌

 レビュー(Leucht, 2015年) *1 が紹介されています。3つのランダム化比較試験のレビューです。

4週間の治療でスボレキサントはプラセボにくらべて
▶総睡眠時間を改善
・スボレキサント10mg:22.3分
・スボレキサント20mg:49.9分
▶中途覚醒時間を改善
・スボレキサント10mg:-21.4分
・スボレキサント20mg:-28.1分
▶睡眠潜時を改善
・スボレキサント10mg:-2.3分
・スボレキサント20mg:-22.3分

 

 プラセボに比べてスボレキサント20mgで総睡眠時間が約50分改善する、という結果になっています。

地域医療の見え方

Blogger版 地域医療の見え方: 新規不眠症治療薬 スボレキサントについて

 添付文書の臨床成績が引用されています。

「第Ⅲ相臨床試験:国際共同プラセボ対照試験(日本人155例)において、原発性不眠症患者638例[成人(20~64歳)370例、高齢者(65歳以上)268例]に本剤(成人:20mg、高齢者:15mg)又はプラセボを3ヵ月間投与したとき、患者日誌を用いた主観的評価及びポリソムノグラフィを用いた客観的評価により入眠効果及び睡眠維持効果を評価した」

これを見てお分かりの通り、入眠を5分くらい早くして、睡眠時間を15分くらい長くする程度のものです。

「第Ⅲ相国際共同試験では、254例(日本人61例)に本剤(成人:20mg、高齢者:15mg)が投与されこの試験の 6 ヵ月間の副作用は53例(20. 9%)に認められた。主な副作用は、傾眠(4. 7%)、頭痛(3. 9%)、疲労(2. 4%)であった。」との記載があり傾眠・頭痛が主要な有害事象であることも分かります。薬物相互作用面ではCYP3Aを強く阻害する薬剤は併用禁忌ですから、注意が必要です。もちろんアルコールとも併用注意となっています。

 

 スボレキサントの有効性と安全性を検討したシステマティックレビュー(Citrome, 2014年)*2 が紹介されています。

プラセボに比べて3か月間のInsomnia Severity Index *3 の6ポイント以上改善させるための治療必要数は8 (95% CI 6-14)

最も一般的な有害事象は傾眠であり(少なくとも5%以上でプラセボの倍)、その害必要数は
▶40mg/30mgレジメンで13 (95% CI 11-18)
▶20mg/15mgレジメンで 28 (95% CI 17-82)

 

 長期投与の安全性を検討したランダム化比較試験(Michelson, 2014年) *4 が紹介されています。

重篤な有害事象
スボレキサント 27人/521人(5%)
プラセボ 17人/258人(7%)
傾眠
スボレキサント 69人/521人(13%)
プラセボ 7人/258人(3%)

有効性に関してはセカンダリアウトカムです。まあそれでも、添付文書に記載されていたデータとあまり変わり映えがしません。まあ多く見積もっても入眠が10分早くなり、睡眠が20分長くなる程度と言う感じです。

 1年の長期投与では重篤な有害事象は多くはなく、傾眠が多くなっているということになります。

pharmacist's record

スボレキサントの有害事象(NNH) - pharmacist's record

 日本のランダム化比較試験のメタ分析(Kishi, 2015年) *5 が紹介されています。3研究の結果が統合されています。

[有効性]
総睡眠時間の改善はプラセボと比べて約20分の改善(だいたい40分vs20分)
入眠までの時間はプラセボと比べて7.6分の改善(だいたい20分vs12分)

忍容性には問題がなさそうだ、というのは1つの知見かもしれませんが、これも個人的にはそのような症例(ふらつきによる中断)も経験があります…。
Abnormal dreamsのNNHは100(多く見積もると50)。これは参考になりますね。 意外とfatigue(疲労・倦怠)がNNH50と多いのが気になりました。

 

 なるほど。いくつかのメタ分析が紹介されていましたが、総じて

  • スボレキサントによって入眠までは5~10分早くなり、睡眠時間は10~20分長くなる。
  • 重篤な有害事象は多くならないものの、傾眠や頭痛などの有害事象はしばしばみられ、13~28人に1人程度である。

 このような結果になるでしょうか。

 

*1:Leucht S, Samara M, Heres S, Patel MX, Furukawa T, Cipriani A, Geddes J, Davis JM. Dose Equivalents for Second-Generation Antipsychotic Drugs: The Classical Mean Dose Method. Schizophr Bull. 2015 Nov;41(6):1397-402. doi: 10.1093/schbul/sbv037. Review. PubMed PMID: 25841041; PubMed Central PMCID: PMC4601707.

*2:Citrome L. Suvorexant for insomnia: a systematic review of the efficacy and safety profile for this newly approved hypnotic - what is the number needed to treat, number needed to harm and likelihood to be helped or harmed? Int J Clin Pract. 2014 Dec;68(12):1429-41. doi: 10.1111/ijcp.12568. Review. PubMed PMID: 25231363.

*3:不眠重症度指数:7項目からなり,0~28点(高得点ほど重症)で評価

*4:Michelson D, Snyder E, Paradis E, Chengan-Liu M, Snavely DB, Hutzelmann J, Walsh JK, Krystal AD, Benca RM, Cohn M, Lines C, Roth T, Herring WJ. Safety and efficacy of suvorexant during 1-year treatment of insomnia with subsequent abrupt treatment discontinuation: a phase 3 randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2014 May;13(5):461-71. doi: 10.1016/S1474-4422(14)70053-5. PubMed PMID: 24680372.

*5:Kishi T, Matsunaga S, Iwata N. Suvorexant for Primary Insomnia: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Placebo-Controlled Trials. PLoS One. 2015 Aug 28;10(8):e0136910. doi: 10.1371/journal.pone.0136910. Review. PubMed PMID: 26317363; PubMed Central PMCID: PMC4552781.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル