地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

抗うつ薬で眠れるようになりますか?

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20170330224058j:plain

 

不眠にデジレルは有効?

 睡眠障害のある人にデジレル(一般名 trazodone)が処方されていました。

 デジレルは抗うつ薬ですが、鎮静効果に優れているといわれ、睡眠薬のひとつの選択肢として用いられることがあるようです。

 さて、その効果はどれほどでしょうか。まずは疑問を定式化します。

睡眠障害のある成人がtrazodoneを内服すると、睡眠薬に比べて睡眠時間は長くなるか。(治療)

 

 調べてみました。情報はそれほど多くなさそうですから、PubMed Clinical Queriesから検索しました。

 最初に2017年2月のガイドラインがヒット。読んでみることにしました。

 ほかには、認知症、高齢者、神経発達障害の小児を対象としたレビューもヒットしました。これらは今回の定式化した疑問からはずれるようなので、後回しにします。

 まず、ガイドラインから読んでみましょう。

ガイドライン(Sateina, 2017年) *1

 慢性の睡眠障害がある成人の薬物療法に関するガイドラインです。今回の疑問に該当する部分を文書内検索。このような記載がありました。

4.8a We suggest that clinicians not use trazodone as a treatment for sleep onset or sleep maintenance insomnia (versus no treatment) in adults. [WEAK AGAINST]

 

 睡眠障害の治療としてデジレルは使用しない、とあります。

 根拠はどうなっているでしょうか? さらに本文を読み進めます。

4.8b Summary
A single study *2 of trazodone 50 mg met inclusion criteria; therefore, no meta-analysis is available. The overall quality of evidence for this study was MODERATE due to potential publication bias. The patientreported data from this study demonstrate a modest reduction in SL which falls substantially below the threshold for clinical significance. Likewise, the moderate increase in TST is not clinically significant and the reduction in WASO is minimal. Quality of sleep is insignificantly improved and reduction in NOAs falls just below clinical significance. In summary, none of the sleep outcome variables improved to a clinically significant degree.

No meta-analysis of harms was possible. Given the absence of demonstrated efficacy on numerous critical outcome variables, coupled with limited evidence regarding harms, the task force judged the harms to potentially outweigh the benefits. Based on its clinical judgement, the task force determined that, despite the absence of significant efficacy for trazodone 50 mg and the paucity of information regarding harms, the majority of patients would be likely to use trazodone 50 mg compared to no treatment.

 

 ここに引用されている唯一の論文はこちら。

Subjective hypnotic efficacy of trazodone and zolpidem in DSMIII–R primary insomnia - Walsh - 1998 - Human Psychopharmacology: Clinical and Experimental - Wiley Online Library

 

 ランダム化比較試験のようです。確認しておきたいと思います。

ランダム化比較試験(Walsh, 1998年)

研究の概要

 うつ病のない不眠症の男女(21-65歳)が、trazodone 50 mgを14日間服用すると、zolpidem 10 mgまたはプラセボの服用に比べて、睡眠潜時(self-reported sleep latency, SSL)は短く総睡眠時間(self-reported sleep duration, SSD)は長くなるか、を検討した二重盲検ランダム化比較試験。

 

主な結果

 278人が対象。睡眠潜時については、trazodone 54.5分、zolpidem 48.1分、プラセボ 64.7分。プラセボ群に比べてtrazodone群で10.2分 (95%信頼区間 -8.95, -11.44)と改善がみられたが、臨床上有意な差ではなかった。

 総睡眠時間でもプラセボに比べて +21.8分(95%信頼区間 +20.1, +23.49)と改善がみられたが、臨床上有意な差ではなかった。

 出版バイアスの可能性がありエビデンスの質は中等度。

 

睡眠障害には効果なし

 プラセボに比べると睡眠潜時では10分短縮総睡眠時間では20分延長。ともに改善はみられますが、臨床的には有意な改善とはいえない、という結果でした。

 さらに、trazodoneについては1998年の1研究のみで、他には研究がない、というのも不可解です。まあ、あまりいい効果ではなかったのでしょう。

 

 現時点ではうつ病のない睡眠障害に対して、デジレルは賢明な選択とはいえません。

 

*1:Sateia MJ, Buysse DJ, Krystal AD, Neubauer DN, Heald JL. Clinical Practice Guideline for the Pharmacologic Treatment of Chronic Insomnia in Adults: An American Academy of Sleep Medicine Clinical Practice Guideline. J Clin Sleep Med. 2017 Feb 15;13(2):307-349. doi: 10.5664/jcsm.6470. PubMed PMID: 27998379; PubMed Central PMCID: PMC5263087.

*2:Walsh JK, Erman M, Erwin CW et al. Subjective hypnotic efficacy of trazodone and zolpidem in DSMIII-R primary insomnia. Human Psychopharmacology Clinical and Experimental 1998;13:191-98.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル