地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

血圧はしっかり下げるべき?

 

f:id:cometlog:20180523125936j:plain

 

心臓病にかかった人でも? 

 つづきます。前の記事はこちら 

コクランを5分で攻略する方法 - 地域医療日誌

 前回の説明に使った論文ですが、おもしろそうなので中身も読んでおきたいと思います。

メタ分析(Saiz, 2017年) *1

研究の概要

 心血管疾患にかかったことがある高血圧の人に、低い目標値で血圧を下げると(135/85mmHg以下)、標準的な目標値に比べて(140-160/90-100mmHg以下)総死亡や合併症は少なくなるかを検討した、ランダム化比較試験のメタ分析。

 

主な結果

 ランダム化比較試験6研究の結果を統合。総死亡の相対危険は1.05(95%信頼区間 0.90, 1.22)と低い血圧目標値では 1.05倍総死亡が多い傾向がある

 

 ほかの結果もみておきましょう。

Outcome No. of studies participants Risk Ratio [95% CI]
1 Total mortality     6 9795 1.05 [0.90, 1.22]
2 Serious adverse events 6 9795 1.02 [0.95, 1.11]
3 Cardiovascular events  6 9795 0.87 [0.78, 0.98]
4 Cardiovascular mortality 6 9795 0.96 [0.77, 1.21]

 

 重篤な有害事象、心血管死亡についてはほぼ同等で統計学的有意差なし。心血管イベントについては、低い血圧目標値で13%少なかった、という結果でしょう。

 

心血管イベントは少ないが総死亡が多いかもしれない

 まとめると、低い血圧目標値では心血管イベント発症が13%少なくなるものの、総死亡が5%多い傾向がみられました。

 この結果の解釈は難しいものです。

 少なくとも心血管疾患にかかったことがある、リスクの高い人に対しても血圧を下げることが有効、と断言できないような結果となっています。

 今後も同様の研究には注視したいと思います。

 

 結果の要旨はCMECジャーナルクラブ(閲覧は有料)にも掲載されていました。 

cmec.jp

*1:Saiz LC, Gorricho J, Garjón J, Celaya MC, Muruzábal L, Malón MDM, Montoya R, López A. Blood pressure targets for the treatment of people with hypertension and cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev. 2017 Oct 11;10:CD010315. doi:10.1002/14651858.CD010315.pub2. Review. PubMed PMID: 29020435.

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル