地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

地域医療編集室、最近の動向

 

 

オンラインコミュニティではどんな活動をしていますか?

 地域医療編集室の活動について、近況をご報告したいと思います。

 地域医療編集室は、開設から1年経過したオンラインコミュニティです。

camp-fire.jp

 やさしさとあたたかさを医療の場にもたらしたい、そんなプロジェクトです。

 この CAMPFIRE コミュニティ ページのなかに活動報告があります。

これからの医療を考える本格的医療コミュニティをつくりませんか?の活動報告 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

 これまではウェブマガジンの定期発行のほか、トークイベントや映画上映会の開催、派生した活動から傘下サロンの開設、などを行ってきました。

 ちなみに、傘下サロンはふたつあり、いずれも「地域医療編集室」から登録できます。

  • にしこく編集室(2018年11月開設)

 地域医療編集室と連携しながら、地域で新たなプロジェクト「高齢者に音楽を届けよう!」を実行する活動拠点となります。プロジェクトを展開する地域は、東京都国分寺市(JR 西国分寺駅周辺地域)を中心とします。現在、イベント企画の準備中です。

  • 音楽による高齢者ケアネットワーク(2018年12月開設)

 特定非営利活動法人 エコロジーオンラインとの共同で、高齢者施設や自宅での「音楽による高齢者ケア」の取り組みを情報交換するための全国ネットワークをオンライン上に開設いたします。実践事例の共有で活用していく予定です。

 

 こうした活動は、これからも地道につづけていきたいと思います。

 

最近の動きは?

 さて、最近の動きはどのようになっているのでしょうか。いくつかご紹介しておきましょう。

医療と音楽のコラボ

 地域医療編集室および傘下サロンでの活動を継続しています。

 2019年6月に渋谷区で開催中のイベント「認知症なっても展」では、これまでの活動「高齢者に音楽を届けよう!」について紹介する機会をいただきました。

www.city.shibuya.tokyo.jp

 医療と音楽のコラボをきっかけとして、広く認知症、高齢者、障がい者、そしてすべての人にとってフレンドリーな地域社会づくりについて、できることから取り組んでいきたいと考えております。

 医療とアートのコラボについても、活動をはじめました。

これからの医療・健康情報におけるキーワード

 恒例となりました秋の企画特集。今年は「これからの医療・健康情報におけるキーワード」に決定しました。

 連載記者のほかに、ご寄稿いただいた記事も掲載予定です。お楽しみに。

表現としての医療・健康情報~情報をデザインし発信するということ

 特集企画に連動したトークイベント「表現としての医療・健康情報~情報をデザインし発信するということ」を9月22日(日)午後4時から、東京都内で初開催いたします。

 ユニークな顔ぶれの登壇者を予定しております。

 情報詳細やチケット予約開始は近日中。ぜひ、お見逃しなく!

#エビダス

 ツイッターなどでエントリーされた医療に関するご質問に答えようという新企画「#エビダス」。すでに2編のレポートが公開済みで、3編が作業中です。

 ご質問は受け付け中です。

 ツイッター ハッシュタグ「#エビダス」でつぶやくだけ。参加しないことには、何もはじまりません。ぜひご利用ください。

メンバー募集中

 ひきつづき、主旨に賛同し活動できるメンバーを募集しております。

 コミュニティ内での情報交換、いろいろな視点からのご意見や議論が、活動展開にとても有意義なものになっています。

 どなたでもご参加いただけますが、こんな人を求めています。

  • 新しいものをつくりあげていくことに関心がある
  • 医療におけるエビデンスの活用に関心がある
  • 医療における情報発信に関心がある
  • 医療における音楽の活用に関心がある
  • サロンに楽しく積極的に参加できる
  • ライティングに精通している
  • 動画編集・配信が得意
  • 医療にはあまり関わりがない
  • しゃべりがうまい
  • 熱狂できる
  • 上記のどれにもあてはまらない

 一緒に医療をアップデートしてみませんか。関心のある方は「地域医療編集室」まで。

 Copyright © 2003, 2007-2019 地域医療ジャーナル