地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

論理より事実

 

 

 本の紹介です。

医療の現実、教えますから広めてください! ! ―検診や治療に疑問を感じている方!

 新刊の著者献本いただき、ありがとうございます。

 

明治時代からつづく医学界の体質

 冒頭、明治時代の日本海軍で集団発生した「かっけ」の話題からはじまります。

 感染症仮説を支持する東京大学医学部グループ(論理)と臨床試験の結果からタンパク質不足仮説を唱える海軍軍医 高木兼寛(事実)の論争。

 まるでこれは現在の医学界でも起こっていることのようです。

 臨床試験の結果から、従来の常識がくつがえされることがあります。これをぼくらは受け入れることができるのか、問われているのです。

 

終末期のエビデンス

 終末期の治療について、いくつかの代表的なランダム化比較試験が取り上げられています。

  • 早期に緩和ケアを行ったほうが生存期間が長かった *1
  • 進行がんでは点滴をしてもしなくても生存期間は同じ *2
  • 終末期の呼吸困難症状に酸素投与しても空気と症状改善度は同じ *3

 モルヒネを使うと寿命が縮むかもしれない、点滴しなければかわいそう、酸素をあげないと苦しそう、といった「感情」によって効果のない「無益な治療」や「有害な治療」が施されることになるかもしれない、という点には敏感になるべきでしょう。

 医療は論理(感情)ではなく、事実(根拠)に基づくべきでしょう。

 

どんな人におすすめ?

 糖尿病の方、がん・がん検診に関心のある方、終末期医療に関心のある方におすすめします。具体的なエビデンスが紹介されています。

 もちろん、医療に疑問を感じている方、科学的根拠(医学論文)に基づく医療に関心のある方にもおすすめです。

 

 ぜひご一読ください。

医療の現実、教えますから広めてください! ! ―検診や治療に疑問を感じている方!

医療の現実、教えますから広めてください! ! ―検診や治療に疑問を感じている方!

 

 

*1:Temel JS, Greer JA, Muzikansky A, Gallagher ER, Admane S, Jackson VA, Dahlin CM, Blinderman CD, Jacobsen J, Pirl WF, Billings JA, Lynch TJ. Early palliative care for patients with metastatic non-small-cell lung cancer. N Engl J Med. 2010 Aug 19;363(8):733-42. doi: 10.1056/NEJMoa1000678. PubMed PMID: 20818875.

*2:Bruera E, Hui D, Dalal S, Torres-Vigil I, Trumble J, Roosth J, Krauter S, Strickland C, Unger K, Palmer JL, Allo J, Frisbee-Hume S, Tarleton K. Parenteral hydration in patients with advanced cancer: a multicenter, double-blind, placebo-controlled randomized trial. J Clin Oncol. 2013 Jan 1;31(1):111-8. doi:10.1200/JCO.2012.44.6518. Epub 2012 Nov 19. PubMed PMID: 23169523; PubMed Central PMCID: PMC3530688.

*3:Abernethy AP, McDonald CF, Frith PA, Clark K, Herndon JE 2nd, Marcello J, Young IH, Bull J, Wilcock A, Booth S, Wheeler JL, Tulsky JA, Crockett AJ, Currow DC. Effect of palliative oxygen versus room air in relief of breathlessness in patients with refractory dyspnoea: a double-blind, randomised controlled trial. Lancet. 2010 Sep 4;376(9743):784-93. doi: 10.1016/S0140-6736(10)61115-4. PubMed PMID: 20816546; PubMed Central PMCID: PMC2962424.

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル