地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

マグネシウム、こむらがえりには効果なし

 

f:id:cometlog:20180715143948j:plain
 

 夜間のこむらがえりに対するマグネシウムの効果、前回 夜間のこむらがえりにマグネシウム? - 地域医療日誌 は2014年のメタ分析をご紹介しました。

 

2017年の研究から

 その後、2017年にもランダム化比較試験が1編発表されています。こちらも読んでおきましょう。

ランダム化比較試験(Roguin, 2017年) *1

研究の概要

 夜間下肢こむらがえりのある成人がマグネシウム製剤 *2 1日1回就寝前に4週間服用すると、プラセボに比べて1週間のこむらがえり数が少なくなるかを検討した、治療についてのランダム化比較試験。

 

主な結果

 対象となる成人94人(男性 39%、平均年齢 64.9歳)をランダム割付。各群3人ずつ計6人が治療完遂できなかったものの、全例解析されている(ITT解析)。

 治療前後の平均差はマグネシウム群 -3.41回/週、プラセボ群 -3.03回/週。群間差は -0.38回/週と有意差はなかった。

 

やはり効果はみられなかった

 毎日こむらがえりをおこしている対象者で、マグネシウムを4週間服用してもらった研究ですが、残念ながら有意差はみられませんでした。

 

 マグネシウムは欧米ではよく使われているようです。サプリメントや健康食品で効果をうたう情報があるかもしれませんが、騙されないようにしましょう。

 

 ということで、まとめておきます。 

まとめ

  • 夜間下肢こむらがえりに対して、マグネシウムの効果は認められていない。
  • 妊婦に対しては、わずかな効果があるかもしれない。 

*1:Roguin Maor N, Alperin M, Shturman E, Khairaldeen H, Friedman M, Karkabi K, Milman U. Effect of Magnesium Oxide Supplementation on Nocturnal Leg Cramps: A Randomized Clinical Trial. JAMA Intern Med. 2017 May 1;177(5):617-623. doi: 10.1001/jamainternmed.2016.9261. PubMed PMID: 28241153; PubMed Central PMCID: PMC5818780.

*2:inorganic granular magnesium complex, composed of magnesium oxide and magnesium oxide monohydrate 865mg, providing 520mg of free elemental Mg2+[magnesium]

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル