地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

冷酷なのはエビデンスか、それとも医療者か

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20170927100431j:plain

 

 ウェブマガジンの告知です。

 

地域医療ジャーナル企画特集号が配信

 ぼくが発行責任者をつとめている地域医療ジャーナル 2017年10月号は、特集「冷酷なエビデンス」を企画しました。

 担当記者のみなさまに、同じテーマで寄稿していただいております。

cmj.publishers.fm

高齢化社会を迎え、医療に対する過度な期待が蔓延している現代。  
それを裏切るかのように、医療の効果が乏しいという医学論文が次々と発表されています。  
そんな「冷酷な」エビデンスについて、ふりかえって考えてみようという企画です。  

期待の治療に効果がないとわかった時、人はどうするのか。  
医療者の真価が問われる場面なのかもしれません。  

本当に冷酷なのはエビデンスか、それとも医療者か。

 

 ぼくの他に6名の記者が、それぞれの視点から多彩な論考を繰り広げられています。おすすめします。

 

 閲覧には有料読者登録が必要となっておりますが、ぜひ読者登録の上、お楽しみください。

 これからも、地域医療ジャーナルをよろしくお願いいたします。

 

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル