地域医療日誌

新しい医療のカタチ、考えます

インフルエンザ

インフルエンザワクチンは1回接種でよいですか?

質問 こどものインフルエンザワクチンは1回接種でもよいでしょうか? 米国疾病管理予防センター(CDC)に設置されている、予防接種の実施に関する諮問委員会 Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は、インフルエンザワクチンに関する学術情報…

新薬が安易に使われていないか?

インフルエンザを発症した12歳以上の患者がバロキサビル マルボキシル(ゾフルーザ)を1回服用すると、プラセボに比べて症状緩和までの時間が約1日程度早くなります。

インフルエンザでも迅速検査で陽性になるのは6割だけ

インフルエンザと確定している患者のうち、迅速検査で陽性になるのは62%、残りの38%はインフルエンザでも陰性になります。

インフルエンザの治癒証明書は求めないで

職場が従業員に対して、治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくありません。

インフルエンザの治癒証明は不要

2009年に厚生労働省、文部科学省はインフルエンザの治癒証明に意義はなく、求めないように事務連絡を行っています。

ベイズの定理でインフルエンザの診断を考える

記事再編 2020-8-11 ひたすら繰り返すインフルエンザの説明 お粗末な診断スタイル 診断は確率 ベイズの定理でインフルエンザを考える 検査の感度・特異度 流行状況は主観? メタ分析では感度62% メタ分析(Chartrand, 2012年) *3 感度54%というメタ分析も …

こどものインフルエンザワクチンは1回で

質問 昨シーズンは「過去にインフルエンザワクチンを2回以上接種している6か月から8歳までの小児は1回接種で十分」とのことでした。 今シーズンはどうですか? 2016-2017年のおさらい 2017-2018年も同じ 2016-2017年のおさらい 米国疾病管理予防センター…

インフルエンザの研究をふりかえって

2009年 2013年 2015年 2014-2015年 2016年 備忘録です。タミフルについての過去のブログ記事をまとめておきます。 ぼくの古い記事を読むと、我ながら何を言いたいんだかよくわからない、ということもあります。お恥ずかしい限りですが、まずは並べてみます。…

抗インフルエンザ薬はどんな人に推奨されますか?

備忘録です。CDCのガイドライン *1から。 抗インフルエンザ薬の推奨されるインフルエンザ合併症ハイリスク群は以下のとおりです。 2歳未満の小児 65歳以上の成人 慢性肺疾患(喘息を含む)、心血管疾患(高血圧のみを除く)、腎疾患、肝疾患、血液疾患(鎌状…

歯磨きでインフルエンザが予防できる?

質問 歯磨きでインフルエンザが予防できる、という情報をネットで見ましたが、本当でしょうか? 怪しいネット情報 口腔ケアの研究がひとつあった ランダム化比較試験(Abe, 2006年) *1 半年間の口腔ケア半年間で1/10? 怪しいネット情報 調べたい疑問を整理…

今年もこどものインフルエンザワクチンは1回でいいですか?

質問 今年のインフルエンザワクチンもこどもは1回接種でいいですか? ACIPの見解 要旨 過去に2回以上接種していれば1回でよい フルミストは使用すべきではない 米国疾病管理予防センター(CDC)に設置されている、予防接種の実施に関する諮問委員会 Advisor…

タミフルの肺炎データを並べてみる

タミフルの2つのメタ分析 実数の差 さらに気になる点 これからどうするか? 今回は、ウェブマガジン「地域医療ジャーナル 」2016年02月号の連動記事(追補)です。 cmj.publishers.fm 毎月末に発行している月刊ウェブマガジンです。現在、5人の記者の連載…

インフルエンザに薬は効くの?効かないの?

質問 タミフルはあまり効果がない、というのは本当ですか? インフルエンザには薬が効くのでしょうか?効かないのでしょうか? あの未公開データの行方は? 未公開データを含むメタ分析(Dobson, 2015年) *1 症状消失についてはこれまでの結論を大きく変え…

インフルエンザワクチンは1回でもいいですか?

質問 こどものインフルエンザワクチンは1回でもいいですか? ACIPの見解 2015-16年シーズンの推奨 1回接種の根拠 ACIPの見解 米国疾病管理予防センター(CDC)に設置されている、予防接種の実施に関する諮問委員会 Advisory Committee on Immunization Pract…

社会問題化すれば規制する?

塩野義製薬の抗インフルエンザ薬のテレビCMが酷い、と話題になったのは最近のこと。まだ記憶に新しいところです。 今にも落ちて来そうな空の下で : 年末から医療従事者の間でひどいと話題になっていた塩野義製薬の抗インフルエンザ薬のCMについて 薬事法第六…

タミフルでインフルエンザの重症化は防げますか?

製薬会社の未出版データ インフルエンザの治療薬タミフル(oseltamivir)の効果については、企業が研究段階での未出版データを公開していなかったことで、疑いの目が向けられていました。 コクラングループが、タミフルによる入院率減少効果は認めず、合併症…

RSウイルスは高齢者にも注意

高齢者施設でのアウトブレイク レビュー(2000年) コホート研究(2005年) 後向きコホート研究(2003年) 国内の高齢者施設では? まずはRSを疑え 高齢者施設でのアウトブレイク RSウイルスは乳児の急性細気管支炎で話題になることが多いですが、高齢者がか…

インフルエンザの流行は?

ウェブサイトの紹介です。 Googleは、特定の検索キーワードの検索件数がインフルエンザの流行の指標となる、ということで、Google 検索の集計データをリアルタイムで公表しています。 Googleインフルトレンド 流行すると検索する人が増える、というのはユニ…

 Copyright © 2003, 2007-2020 地域医療ジャーナル