地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

風疹対策、また年齢制限するの?

風疹、そして先天性風疹症候群が発生してしまう「感染症対策後進国」日本では、「すべての成人」を対象とした「風疹ワクチンの接種」が望まれます。

高齢者フレンドリーな地域へ

高齢者フレンドリーな社会へ、地域全体がアップデートを迫られているような気がします。

11年後のエビデンス

11年でエビデンスも変わっていくものです。関心のあるテーマは追跡していきたいと思います。

コミュニティは関心からつくられる

地域や組織の共同体から活動を立ち上げていくのではなく、関心で集まった仲間が行動しながらコミュニティをつくれるのか? ここは、ひとつの挑戦です。でも、きっと実現可能なはずです。

運動しても認知症予防にはならなかった

質問 運動すると認知症は予防できますか?

現象のさらなる探求へ

音楽が入ることで雰囲気ががらりと変わることがあります。医療の「空気が変わる」という表現がぴったりです。 言葉ではうまく表現できない(個人情報もあるので表現しにくい)のですが、おそらく体験した人にはその感覚をわかっていただけるでしょう。 こう…

にしこく編集室、はじまります

オンラインサロン「にしこく編集室」を開設いたしました。

音楽・感覚・文化を手がかりに地域をつないでいく

ここ国分寺で、音楽、感覚、そして文化を手がかりにコミュニティをつないでいく活動をつくっていきたいと思います。

情報検索のない医療へ

人力で情報を集める時代も、もうすぐ終わるはずです。

なぜ今、認知症に音楽なのか?

薬物治療から楽しく寄り添うケアへ。

2018年の認知症論文はさえなかった

アルツハイマー型認知症の治療については、残念ながら2018年はあまりいいニュースがなかったようです。

インフルエンザの治癒証明書は求めないで

職場が従業員に対して、治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくありません。

170人で風向きは変えられる

ぼくが発行責任者をやっているウェブマガジン「地域医療ジャーナル」、今月号も発行しました。ぜひとも、読者登録をお願いします。

緊急対策でも年間1万2千人、これでは風疹対策はうまくいかない

予防接種促進事業(先天性風しん症候群対策分)で、風しん含有ワクチン被接種者数はたったの年間約1万2千人。2014-2016年までの3年間で合計約3万6千人だったのです。まさしく焼け石に水です。

チャットボットでうつがよくなりますか?

抑うつ症状についてはウーボット群で対照群より改善がみられました。

情報検索、人の手は限界 ハンドメイドからデジタルの時代へ

もう専門家が人の手(ハンドメイド)で作成した情報源では、それが紙であろうとデジタルであろうと、追いつかなくなっています。

したくないことはしなくていい自由

したいことができる自由、したくないことはしなくてもいい自由、それが高齢者の幸せなのかもしれません。

認知症ピアサポートへ国が支援

厚労省はピアサポートは認知症についても効果があるとみて、備品代や会場使用料など経費の半額を補助する制度を新設する。

音楽は認知症にどんな効果をもたらすのか

現時点では認知症に対する音楽的介入には、明確な効果があるとはまだ断言できない、というのが科学的根拠でしょう。

風疹ワクチンは成人全員を対象に

エビデンスが示すことは、抗体価をはかることでも、小児や妊娠可能女性に限定した対策でもありません。全員を対象としたワクチン接種です。

ワクチンで自閉症はおこりやすくなりますか?

今のところワクチンでASD発症が多くなることはなかった、ということになります。

「総合人間学」がさししめす医療の方向性

地域医療ジャーナル 2018年10月号では、恒例となりました企画特集を掲載いたしました。今回は「医療倫理とその教育」です。

BMI 30以上なら減量効果があるかもしれない

BMI 30以上の肥満者に食事療法や運動療法などによる減量介入を行うと、介入を行わないのに比べて、総死亡は1000人に6人少ない。

中高年の日本人、BMI 21-30 の死亡リスクは低い

中高年の日本人では男性BMI 23-30、女性BMI 21-27における総死亡の統計学的有意差がみられず、低リスクとなっていた。

音楽が医療を変える

音楽を通じて、本当に心を通わせることができるのだろうか? 最初は半信半疑で、在宅医療の場における音楽療法の試験的導入(音楽療法士による訪問診療同行研修)をはじめました。

パーソナルソング 高齢者に音楽を届けよう!

台風接近に伴い、イベント開催延期となりました。 2018年11月18日(日)開催いたします。

日本の高齢者はさらに肥満の影響が小さかった

BMI 30までは総死亡はほぼ横ばいとなっています。

医療系オンラインサロンはまだ少ない

検索条件を満たしたサロンは8(検索日:2018年9月7日)。登録者数が上位のものをご紹介いたします。

地域医療ジャーナル、連載が好評

地域医療ジャーナル 2018年9月号を発行しました。

これから書きたい記事

こうしてふりかえってみると、あらためてツイッターはいいふりかえりツールだと思います。これからも活用していきたいと思います。

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル