地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

嗅覚が低下すると寿命が短くなる?

40点満点の嗅覚スコアが1点低下するごとに、総死亡は 6.8%増加。嗅覚が最も低下した群(四分位)では、なんと総死亡が 3.8倍に。

味覚が低下すると寿命が短くなる?

味覚がなくなった人を経過観察すると、味覚がある人に比べて認知症発症が多くなりますか? (予後に関する問題)

インフルエンザでも迅速検査で陽性になるのは6割だけ

インフルエンザと確定している患者のうち、迅速検査で陽性になるのは62%、残りの38%はインフルエンザでも陰性になります。

断片化することで事象に迫れるのか

地域医療ジャーナル 2019年2月号「相似から全体へ」、発行いたしました。なかなかの力作がそろっております。ぜひ読者登録の上、ご一読いただければと思います。

入院より在宅のほうがいいですか?

がんなどの終末期では、在宅医療と病院での入院治療はどちらがいいのでしょうか?

にしこく編集室、はじめました

にしこく編集室、本格的な活動を開始しました。にしこく編集室は、地域で新たなプロジェクト「高齢者に音楽を届けよう!」を実行する情報拠点となるオンラインサロンのことです。

音楽からつながっていく地域へ

素朴な思いが大きな活動へ発展 パーソナルソングから次なる展開へ 地域医療編集室がイベント企画運営 素朴な思いが大きな活動へ発展 ここのところずっと関わってきた「医療と癒し」「医療×音楽」プロジェクト。 医療現場で音楽がもっと活用されるといいので…

処方行動がかわる特集号

ほんの紹介(宣伝)です。 今年も恒例の特集号が出版されました。 薬局 2019年1月号 特集 「Evidence Update 2019 ― 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する ― 」 [雑誌] ここ数年、1月号で出ていますので、楽しみにしています。ぼくも書いています…

行動経済学を医療へ活用する

これまで医療判断学として部分的に取り扱われることはありましたが、行動経済学の医療分野への活用としてここまでまとめられた類書はなかったように思います。

情報収集を分散型で

ブログは不定期更新へ 分散型情報収集へ 情報のオープンさと媒体の使い分け 情報収集と発信のサイクル ブログは不定期更新へ 年始早々、ブログの定期更新をやめてみました。こだわるのをやめてみよう、というだけです。ちょっとすっきりしました。 不定期で…

新しいことをじっくりと

新年あけまして、おめでとうございます。今年もブログ「地域医療日誌」をはじめ、ウェブマガジン「地域医療ジャーナル」、オンラインコミュニティ「地域医療編集室」をどうぞよろしくお願いします。

ブログも分散型へ変化する?

2019年の「地域医療日誌」は、変化させていきます(たぶん)。

上映会からコミュニティへ

地域医療編集室企画イベント、ドキュメンタリー映画「パーソナルソング」上映と意見交換会の第二弾を開催いたします。

EBMの5つのステップ

EBMとは、個別の患者の臨床上の問題を解決するための問題解決手法です。

長寿争いが招く不幸

厚生労働省が国内最高齢者を発表 国内最高齢は115歳 長寿争いが招く不幸 年齢差別的思考 厚生労働省が国内最高齢者を発表 先日、国内最高齢者を検索したところ、こんな情報が検索されました。 厚生労働省の報道発表資料です。 www.mhlw.go.jp おくやみの一文…

風疹対策、また年齢制限するの?

風疹、そして先天性風疹症候群が発生してしまう「感染症対策後進国」日本では、「すべての成人」を対象とした「風疹ワクチンの接種」が望まれます。

高齢者フレンドリーな地域へ

高齢者フレンドリーな社会へ、地域全体がアップデートを迫られているような気がします。

11年後のエビデンス

11年でエビデンスも変わっていくものです。関心のあるテーマは追跡していきたいと思います。

コミュニティは関心からつくられる

地域や組織の共同体から活動を立ち上げていくのではなく、関心で集まった仲間が行動しながらコミュニティをつくれるのか? ここは、ひとつの挑戦です。でも、きっと実現可能なはずです。

運動しても認知症予防にはならなかった

質問 運動すると認知症は予防できますか?

現象のさらなる探求へ

音楽が入ることで雰囲気ががらりと変わることがあります。医療の「空気が変わる」という表現がぴったりです。 言葉ではうまく表現できない(個人情報もあるので表現しにくい)のですが、おそらく体験した人にはその感覚をわかっていただけるでしょう。 こう…

にしこく編集室、はじまります

オンラインサロン「にしこく編集室」を開設いたしました。

音楽・感覚・文化を手がかりに地域をつないでいく

ここ国分寺で、音楽、感覚、そして文化を手がかりにコミュニティをつないでいく活動をつくっていきたいと思います。

情報検索のない医療へ

人力で情報を集める時代も、もうすぐ終わるはずです。

なぜ今、認知症に音楽なのか?

薬物治療から楽しく寄り添うケアへ。

2018年の認知症論文はさえなかった

アルツハイマー型認知症の治療については、残念ながら2018年はあまりいいニュースがなかったようです。

インフルエンザの治癒証明書は求めないで

職場が従業員に対して、治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくありません。

170人で風向きは変えられる

ぼくが発行責任者をやっているウェブマガジン「地域医療ジャーナル」、今月号も発行しました。ぜひとも、読者登録をお願いします。

緊急対策でも年間1万2千人、これでは風疹対策はうまくいかない

予防接種促進事業(先天性風しん症候群対策分)で、風しん含有ワクチン被接種者数はたったの年間約1万2千人。2014-2016年までの3年間で合計約3万6千人だったのです。まさしく焼け石に水です。

チャットボットでうつがよくなりますか?

抑うつ症状についてはウーボット群で対照群より改善がみられました。

 Copyright © 2003, 2007-2018 地域医療ジャーナル