地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

ぜんそくに防ダニベッドカバーは効果あり?

 
スポンサーリンク

質問

 子供がぜんそくと言われたのですが、ダニの駆除などをしたほうがいいんですか? お部屋はよく掃除しているんですが・・・。

f:id:cometlog:20170926120135j:plain

 

ダニを排除してもあまり効果がなかった

 先進国における喘息の原因(アレルゲン)として最も多いのは、チリダニ類 ヒョウヒダニ(house dust mite, HDM)とされています。

 アレルゲンがダニなら、ダニを排除することで、喘息発作が少なくなることが理論的には推測されます。

 しかし、今のところダニを排除すると症状が改善するという効果は臨床研究では認められていません。さらには、喘息悪化や入院の予防効果を検討した研究は、まだほとんどないようです。

 

防ダニベッドカバーで改善するか?

 今年、ダニを通さないベッドカバー(防ダニ布団カバー)の効果を検討した研究が発表されています。小児の喘息発作を予防できるかを検討しています。

ランダム化比較試験(Murray, 2017年) *1

研究の概要

 喘息発作で病院を受診し、皮膚プリックテストでHDMに感作されていることが確認されている3-17歳の小児に、防ダニベッドカバー(Astex Pristine)を使用すると、通常のベッドカバーに比べて、喘息発作 *2 が少ないかを検討したランダム化比較試験。

 

主な結果

 HDM感作が確認された286人(平均7.7歳、男性65.8%)のうち、264人をランダム割付(介入群146人、対照群138人)。

 12か月の時点でのステロイド全身投与を要する喘息発作での入院または救急受診は、介入群で36/123人(29.3%)、対照群で49/118人(4.5%)、オッズ比 0.58(95%信頼区間 0.34, 0.99)と介入群で少なかった。

 3日以上のステロイド全身投与を要する喘息発作では、介入群48.8%、対照群50.0%と同等であった。

 

重度の発作は42%少ない

 防ダニベッドカバーで、入院や救急受診が必要となる重度の発作については1年で42%少ない、という結果となっています。

 なかなかいい結果になっていると思います。

 

 ちなみに、使用された商品はこちらです。

The active encasings (Astex Pristine; ACP Solutions Ltd, Nailsworth, UK) were selected because their mite-proof efficacy had been demonstrated previously (20).

Astex Allergy Bedding from ACP Solutions

 

 ただし、皮膚プリックテストでHDM感作が確認された小児が対象となっており、予防に効果が上がりそうな集団での結果であることに、注意が必要です。

 喘息患者全体に一律指導しても、これほどの効果が上がらないでしょう。

 参考にしたいと思います。

 

*1:Murray CS, Foden P, Sumner H, Shepley E, Custovic A, Simpson A. Preventing Severe Asthma Exacerbations in Children. A Randomized Trial of Mite-Impermeable Bedcovers. Am J Respir Crit Care Med. 2017 Jul 15;196(2):150-158. doi: 10.1164/rccm.201609-1966OC. PubMed PMID: 28282501.

*2:1. A hospitalization or emergency department visit because of asthma, requiring systemic corticosteroids (OCSs), abbreviated to emergency hospital attendance

2. Use of OCSs, or an increase from a stable maintenance dose, for at least 3 days (including all OCS courses, regardless of whether associated with an emergency hospital attendance)

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル