地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

コンドロイチンは効果ありますか?

 
スポンサーリンク

質問

 膝が痛いのですが、コンドロイチンは効きますか?

f:id:cometlog:20160106002847j:plain

コンドロイチンに朗報? 

 あまり良質な研究がなく、研究があっても結果に一貫性がなく、ばらつきがみられるため、あまり効果がないのではないかとされてきた、コンドロイチン。

 たしか、2007年にコクランのメタ分析が発表されており、そういった結論だったと思います。

 このたび、2015年に新たなコクランのメタ分析が発表されていましたので、ご紹介しておきます。

メタ分析(Singh, 2015年) *1

研究の概要

 変形性関節症(主に膝)のある成人にコンドロイチン硫酸800mg/日以上を投与すると、プラセボに比べて、痛みは軽減するかを検討したランダム化比較試験のメタ分析である。

 

主な結果

 6か月未満の投与期間(8研究、1,077人)では結果のばらつきが大きいものの、痛みは0-100ポイントのスケールで平均差 -10.14ポイント (95%信頼区間 -14.58 to -5.71)と、コンドロイチン群で痛みが少ないという結果であった。

 6か月以上の投与期間(6研究、989人)の検討でも同様にばらつきが大きいものの、平均差 -9 ポイント(95%信頼区間 -17.7 to -0.34)と、コンドロイチン群で痛みが少ないという結果であった。

 重篤な有害事象(6研究、954人)については相対危険 0.4(95%信頼区間 0.19-0.82)とコンドロイチン群で少ない、という結果であった。

 

痛みが1割程度少ない?

 今回のメタ分析では、意外とよい結果になっているようにみえます。

 ただし、相変わらず個々の研究自体の質は低いものが多く、結果も一貫性が乏しくばらつきも大きいため、効果あり、と結論づけるのは尚早、といったところでしょうか。

 あまり重篤な副作用の報告も少ないようですし、使ってみたいならどうぞ、グルコサミンよりはコンドロイチン、またはコンドロイチン+グルコサミンをおすすめする、といったところでしょうか。

 今後の研究、特に質の高い研究の登場に期待したいところです。

 コンドロイチンについては、もう少し調べてみたいと思います。

 

*1:Singh JA, Noorbaloochi S, MacDonald R, Maxwell LJ. Chondroitin for osteoarthritis. Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jan 28;1:CD005614. doi:10.1002/14651858.CD005614.pub2. Review. PubMed PMID: 25629804.

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル