地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

口唇ヘルペス予防にぬり薬は有効?

スポンサーリンク

 口唇ヘルペスの予防に抗ウイルス薬は必要? - 地域医療日誌 からもう少しつづけます。

f:id:cometlog:20161111201449j:plain

 

ぬり薬で再発は防げるか?

 繰り返す口唇ヘルペス(単純ヘルペスウイルスによる口唇炎)に経口抗ウイルス薬の予防効果は微妙な結果となっていました。

 それでは、外用薬の効果はどうでしょうか。

 

 前回と同じメタ分析でも検討されていましたので、確認してみましょう。

メタ分析(Chi, 2015年) *1

研究の概要

 再発性ヘルペス口唇炎と診断された人にどんな予防策を行うと、プラセボまたは他の予防策に比べて、ヘルペス口唇炎の再発は少ないか、を検討したランダム化比較試験のメタ分析。

 

主な結果

 32のランダム化比較試験(2640人、19治療)が採用。

短期の外用アシクロビル5%クリーム(2研究、271人、研究の質:中等)
 アシクロビル群 276/1000人、プラセボ群 304/1000人
 相対危険 0.91 [95%信頼区間 0.48, 1.72]

短期の外用ホスカルネット3%クリーム *2(研究、295人、研究の質:中等)
 ホスカルネット群 441/1000人、プラセボ群 408/1000人
 相対危険 1.08 [95%信頼区間 0.82, 1.4]

 

外用は効果がみられない

 残念ながら、外用薬はほとんど効果がでていないようです。

 予防するなら長期の経口抗ウイルス薬、それも効果は限定的、といったところでしょうか。今のところ他にはいい方法はなさそうです。

 

*1:Chi CC, Wang SH, Delamere FM, Wojnarowska F, Peters MC, Kanjirath PP. Interventions for prevention of herpes simplex labialis (cold sores on the lips). Cochrane Database Syst Rev. 2015 Aug 7;(8):CD010095. doi: 10.1002/14651858.CD010095.pub2. Review. PubMed PMID: 26252373.

*2:サイトメガロウイルスの抗ウイルス薬

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル