地域医療日誌

変化しつづける地域でともに悩み、考える医療

糖質制限食、ギリシャでも総死亡8%多い

 
スポンサーリンク

f:id:cometlog:20160116011736j:plain

 

 低炭水化物食は体にいい? につづきます。

 

地中海でも

 次はギリシャの研究をご紹介します。

 この研究は地中海食に関するコホート研究、EPIC *1 の参加者を対象に調査されています。

 

 ちなみにこのEPIC研究からは、地中海食を積極的にとっている人は冠動脈疾患やがんが少なく、総死亡が25%少ない、という衝撃的な結果が出ています。

コホート研究(Trichopoulou, 2007年) *2

研究の概要

 EPICに参加した20-86歳のボランティアの男女28,572人のうち、低炭水化物・高蛋白食にすると、そうではない食事に比べて総死亡が多くなっているのか、を検討したコホート研究。

 

主な結果

 1993-1999年に参加者を募集し、2003年まで追跡した(113,230人年)。追跡期間中の死亡は455人。

 総エネルギー量で調整 *3すると、高炭水化物食では総死亡の相対危険(十分位あたり)が0.94(95%信頼区間 0.89, 0.99)と少なかった。逆に、高蛋白食では総死亡の相対危険が1.02(95%信頼区間 0.98, 1.07)と多い傾向がみられた。

 低炭水化物/高蛋白食スコア(十分位数を割った2ユニットあたり)では、総死亡が8%(95%信頼区間 3, 13)多くなる、という結果であった。これらの死亡増加は心血管死亡やがん死亡と関連がみられた。

 

 なんと、こちらの研究でも、ほぼ同じような傾向がみられています。

 高炭水化物食では総死亡が6%少ない、という結果です。

 低炭水化物+高蛋白食になると、両者の悪影響で心血管死亡やがん死亡が多くなり、ひいては総死亡まで多くなるようです。

 

 結果の一貫性が見えてきたように思えますが、さらに他の研究をたどってみたいと思います。

 

さらにつづく

 

*1:Trichopoulou A, Costacou T, Bamia C, Trichopoulos D. Adherence to a Mediterranean diet and survival in a Greek population. N Engl J Med. 2003 Jun 26;348(26):2599-608. PubMed PMID: 12826634.

*2:Trichopoulou A, Psaltopoulou T, Orfanos P, Hsieh CC, Trichopoulos D. Low-carbohydrate-high-protein diet and long-term survival in a general population cohort. Eur J Clin Nutr. 2007 May;61(5):575-81. Epub 2006 Nov 29. PubMed PMID: 17136037.

*3:Controlling for sex (men, women; categorically), age (o45years, 45–54years, 55–64years, X65years; categorically), years of schooling (o6, 6–11, 12, X13; categorically), smoking (never, former and 1–10 cigs per day, 11–20 cigs per day, 21–30 cigs per day, 31–40 cigs per day, X41 cigs per day; ordered), BMI (per quintile; ordered), physical activity (per quintile; ordered), ethanol intake (o10g per day, 10–o30g per day, X30g per day; categorically).

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル